2007年08月31日

やっすいノスタルジー。

8月ももう終わろうとしているのだなあと思い、月日があまりにも早く過ぎることに日々愕然としているまる子ですこんばんは。たぶん気がついたらもう冬なんだろうなあ。やんなっちゃいますね。

昼過ぎに私の携帯に間違い電話がかかってきたのだが(今つらつら思い返してみたけど、間違い電話遭遇率が比較的高いよな俺って)、相手が「その電話って○○○番じゃないですか?」と尋ねる電話番号は確かに私の電話番号を指しているのだが、でも相手がかけたい人物は私ではないわけだ。「その電話、最近契約されたんですか?」とも訊かれたが、どうして最初に自分の情報が間違っているかもしれないと考えられないんだろう(苦笑)。

私は夏場、500ml入りのペットボトルにお茶をつめたものを何本か冷蔵庫で冷やしておいてそれを飲むのだが(今貧乏臭いと笑った奴は誰だ〜!一歩前へ出なさい。鼻の下を耳かきについたほわほわの羽毛でくすぐるからな〜)、奥の方にボトルが転がったために一本だけ凍ってしまっていた。そしてをそれを少しずつ溶かしながら飲んでいたのだが、なんか中学時代を思い出しちゃったよ。

皆さんはやりませんでした?私の周囲では夏場は水筒にお茶を入れて凍らせたのを持って登校してたんですけども。あれ、溶けるにしたがってヘンな泡が立つんだよなあ。氷の中の空気なんだろうけど。あの泡ちょっと苦手だった。…などと、ちょっと安いノスタルジー。


posted by まる子 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

日常の断片

ちょっとしたドジを踏んで左ひざをゴン、と戸のへりにぶつけてしまい「なんか痛いなあ…」と思って何げなく見ると、内出血で真っ黒になっていてそれを見たために余計に痛みが倍増してしまったまる子ですこんばんは。不思議なもので傷って自覚がないときより自覚したときの方が痛くなりますね。

今年は暑すぎたのか、結局あまりセミが鳴かない夏だった。最近のセミはたいていうるさいだけのクマゼミなので鳴かない方がありがたいのだけど。シメの鳴き声に味がある(「ツクシーオー、ツクシーオー、ツクシーオー、ジ〜〜〜〜」と鳴いて鳴きやむ)ツクツクボーシはおろか、セミと言えばコレ!的な定番のミンミンゼミすらいないものなあ。ちなみに私はセミにしては珍しく涼しげ&寂しげなヒグラシが好きです。秋の気配を感じられます。

自分の本名をネットで検索したことは皆さん一度はあると思いますが、自分と同じ名の人が全く違う場所で全く違う暮らしをなさっていると思うと意味もなく感慨にふけってしまいますな。ちなみに私と同姓同名の方が過去、探偵!ナイトスクープの依頼人の中にいらっしゃったこともその検索で知りました(笑)。私の知り合いは全くヒットしなかったそうで(珍名さんではないんですがね)、それはそれでなんか寂しい…と呟いとりました。星の数ほど情報があると言われるインターネットに、自分の名前に関するものがないことはそれだけで微妙な疎外感を感じるらしいっす。
posted by まる子 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

三白眼が好きらしい。

バーバパパに出てくる兄弟全員の名前をそらで言える人を尊敬したいと思っているまる子ですこんばんは。私はバーバモジャ、バーバブラボーしか知りません。あと、バーバパパって綿菓子って意味だそうですね。そっかあ、綿菓子ね。納得だわ。

私はゆるい阪神ファンで、ジャイアンツに特に興味はないのだが、小笠原選手がバッターボックスに入るとじっと見てしまうことに最近気づいた。私たぶん、小笠原選手の見た目が好きなんだと思う(笑)。というかね、ああいう目つきの人が好みなんじゃないかと。他人事みたいに書いてますが、実際このテの感情は自分の感情であっても遠くに感じるのじゃよ。

今まで好みでついつい見てしまう人って(あくまで見た目ね。仲良くなろうとかそんなことは思ってない)みなさんああいう目元なんですよ。ちょっと三白眼入ってるというか。自分で言ってて恥ずかしいんですけどもね。長年生きてて初めて気づいたってのも十二分に恥ずかしいのだけれども。

とはいえ全ての三白眼が好きってわけじゃないんですけどね。ポイントは黒目が大きいことかなあ。自分でも今のとこどこで分けているのかよくわかってないけどね。
posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

日常の断片

今日は皆既月食があるので楽しみにしていたら、よりにもよって今日から天気が悪くなり出したのでガックリ来たまる子ですこんばんは。その上「雨が降るかもしれん」と洗濯物を減らしたら一日中単なるうす曇りだったことにもさらにガックリガクガクです。

殺虫剤が切れかけているので、近頃人気の『氷殺ジェット』でも買おうかなあ…と思っていたら販売停止及び回収のニュースが…。私が気に入ったものは市場からすぐに消えるという思わず涙がにじむようなジンクスがあるのだが、買う前に消えたのは珍しいな。しかも自然淘汰の結果ではなく、消えます(消します)と宣言してのことだから余計珍しい。そうかあ…氷殺ジェット買えへんのかあ…。

むずむず脚症候群なるものに苦しまれている方が増えている、とニュースでチラッと見た。就寝中、勝手に足が動いたり、不快な足のむずむず感によって眠れなかったりして日常生活に支障が出ることがあるのだそうだ。はっきりとした原因はわかっておらず専門医も少ないため病名確定に時間がかかるのも負担になっているらしい。

実は私、小学校高学年から中学生にかけてこの病気を患っていたのだけど(当時は病名もなかったが、症状がまさに同じ)、本当に不愉快なんすよ。常に足がジワジワむずむずして痛いのとも違う、痒いのでもない説明しにくいいやーな感じ。確実に安眠を妨げます。私の場合高校進学くらいで治りましたが(たぶんストレスだろうなあ。その病気だった時期が子供時代の一番つらいときだったから)、患者の方は本当にしんどいだろうなあ。早く激的な治療法が見つかることを祈っております。
posted by まる子 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ラッキーアイテムの不思議。

銀行に入金をしにいったら、紙幣投入口のフタがパカパカと開いたり閉まったりになってしまって慌てたまる子ですこんばんは。それは結局不具合だったんですけども、前にもこんな経験あるんだよなあ。駅の自動改札を通ろうとしたらゲートがバカンバカン開いたり閉じたりするわブザーは鳴るわで大変恥ずかしい思いをしたのですよ昔。そのケースもこっちに落ち度はなかったんすよ。パカパカ運(そんなものがあるのか)に恵まれてるんだろうか。

今日の占い、みたいなのでラッキーアイテムというのがある。それを身につけたりものによっては食べたり飲んだりすれば運気向上ってやつである。それが例えば『新しいボールペン』『冷やし中華』『リップクリーム』などなら何となく納得できるんだけど、たまに『レゴブロック』『醤油さし』『輪ゴム』なんかがあったりするとそれだけで困惑してしまう。

輪ゴムはともかく、レゴブロックや醤油さしをどのように活用すればいいかわからないし、携帯するのにも不便だろう。第一他人に見つかった場合どう説明したらいいのかわからない。そもそも、醤油さしやレゴブロックがもたらすラッキーってどんなものなんだろうか。ツッコんでるというより、本当に想像ができないのだ。片想いの相手と食堂で同席になって「あ、醤油とってくれないかな」「はい♪」とかそういうところから恋の花が咲く…とかそういうことなんだろうか。
posted by まる子 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

有終の美を飾れないシャンプー。

世界陸上の中継ブースを見るとき、ついつい織田裕二が今日も肩パットを入れているのかどうかばかり見てしまうまる子ですこんばんは。織田裕二氏は肩パット道八段は軽いと思いますよ。だってTシャツにまで肩パットだもの。

シャンプーがなくなりかけているとき、容器にお湯を少しだけ入れてシェイクしたのち使用することはよくあることだと思うが(ものすごく泡立つけどね)、ポンプタイプだとそれもなかなか難しいんだよな。というのもポンプタイプは容器内のノズルが底まで届いていないことが多いので(届いていたら中身が出ない)、かなりの量を残したまま出が悪くなってしまうのだ。皆さんも経験されたことがあると思うが、空振りのように「ガシュッ、ガシュッ」となり、二回押してやっとこいつものワンプッシュ分くらいになりだすともう危ない。

そしてそこからが結構難しい段階に入るのである。ノズルを出して容器を逆さまにし、直接手に受けようとするとダバババッと派手に内容物が出てきてしまい明らかに使いすぎになるし、そこにお湯を入れようものならもう、一体アタマ何個洗えるんだと言いたくなるような大量の薄めシャンプー液ができてしまう。もうどうにもこうにもラチがあかんのだ。

ひょっとするとあれはメーカーの企みなのか。結構な回数分が残っている、しかしうまくそれを使いきれない、かくなる上は詰め替え用を買ってこようか…というパターンを狙っているのか。いや、別に私はメーカーを批判してんじゃないんですよ。だから訴えないでね、絶対負けるから。
posted by まる子 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

何かが飛んできた。

外を歩いていたら見知らぬ人に人違いをされてしまったのだが、相手が話すことが微妙に私に当てはまってしまったため、しばらく人違いに気づかなかったまる子ですこんばんは。相手の人が全然違う名前を読んだのでその時点で違うと気づいた次第。しかし間違えられたのはこっちなのになんで指摘するとき良心が痛むんだろうなあ。

夕食を食べていたら、部屋のどこかから「カツン、カツン、カサカサカサカサ」と聞きなれない音がしてきて「?」と思っていると今度は「ブ〜〜〜〜ン」と結構大きな羽音が。そして次の瞬間、何か小さくて黒い物体が飛びながらこちらに向かってきた。ゴキブリが大の苦手な兄はゴキブリが飛んできた!と思ったらしく飛び上がって逃げてしまった。

でも私の冷静な目は(自分で言うな)、その飛ぶ物体の大きさがゴキブリにしては小さいことに気づいていた。そして壁にとまるのを見計らい近づいて見てみると、そいつの正体はカナブンであった。実は数年前にも一度カナブンが家に侵入して大暴れをしたことがあり、そのとき殺虫剤が効かないことを知ったので、とりあえず新聞で軽くはたき弱らせてから、外に放り出して事なきを得た。

一部始終を見ていた兄が「あのカナブンに家族がいて、父のカタキ〜!とか言いながら襲撃してきたらいやだなあ」と100%杞憂に終わること請け合いの不安を漏らしていた。もしやってきたとしてもそのときはそのときだ。また放り出すまでである。
posted by まる子 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュウリのへたに泣かされる。

兄が時期外れの盆休みを取っているせいかカンが狂い、どうにもこうにも曜日の感覚がつかみにくくなっているまる子ですこんばんは。今日は本気で土曜日だと錯覚してたしなあ。

後片付けをしていて三角コーナーの中身を捨てようとしたら、そこから切ったキュウリのへたが転がり落ちた。へたはつかまえられないほど素早く転がり、排水溝の中に入ってしまった。そのときに嫌な予感がしたのだ。詰まっちまうんじゃねぇのか?と。いい予感というのは峰不二子のようにあっさりと私を裏切るのだが、悪い予感はなぜかいつもたいてい的中する。そして今回もその予感は当たってしまったのだ。

急に排水溝が沈黙し、流した水が全くはけることなくシンクにたまり出した。こりゃいかん!と思うものの、対処法が急には思いつかなかった。パイプ洗浄剤を流そうにもシンクに水がたまっている以上効果は期待できないし、細長い棒を突っ込んでみたがそのさらに奥の方にキュウリのへたが居座っているらしく、全く手ごたえがない。

しかし放っておくわけにもいかず、ちょっと考えたのち、スーパーの白い手提げ袋(ビニール製)を肘のあたりまで右手にかぶせ、握りこぶしを作ってその排水溝に直接手を突っ込んでみた。勿論手でへたを取るわけではなく、右手でトイレの詰まりを解消するカッポンの代用をしてみようと思ったのだ。その排水溝の直径がまたちょうどいいことに、私のこぶしがギッチリ隙間なく納まる大きさだったのである。

牛の出産を手伝うがごとくグイグイッと右のこぶしを突っ込み、グボグボと細かい抜き差しを行なうこと約五分。『ゴボッ!』と大きな音とともに急に右手が吸い込まれる感覚がやってきた。首尾よく開通したのである。

しかしいまだに右手だけが腫れぼったいし、かすかに痛みもある。正直もうごめんだ。皆さんもキュウリのへたには気をつけてくださいね(←結論はそこか)。
posted by まる子 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ゆるい毎日。

駅のところにビックカメラがオープンしたのだが、ビックカメラのことを『ビッグカメラ』と呼ぶ父にちょっといらっとするまる子ですこんばんは。なぜいらっとするかと言うと、『ビッグ』と言うべきところでは『ビック』と言うくせに(ビックサイズとか)、ビックカメラのことはビッグカメラと呼ぶからです。

きょうはそこそこ涼しかったけれど、毎日毎日こう暑くちゃやっとられませんな。台所に立つのが大儀で大儀で仕方ない。なのでついつい火を使わない料理が増えてくるんすよ。サラダとかお刺身とかね。食べる方もあんまり熱いのはいやだろうし…などと思っていたら俺の手抜き心を見抜かれたらしく「最近冷たい料理が多いな」と言われてしまったよ。ようし、明日当たりジャワカレースパイシーブレンドでも出してみっか。ザ・あてつけということで。

携帯ショップの広告が入っていたので見ていたら、どの店を見ても私が今使っているメーカーだけが安いんですな。他のは全部一律の値段なのに。そんだけ不人気なのか?別段悪いとは思わないんだけどなあ。たぶん今後もこのメーカーになると思うので、安いのはありがたいんだけどね。だけど何かどこかに理由があるのかも…と不安にもなってしまう。
posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

ケフィアと来たか。

ボディシャンプーが切れたので、今までのより一段メントールが強いものに切り替えて洗ってみたら、全身にアンメルツヨコヨコを塗ったような感じになってしまったまる子ですこんばんは。あれ絶対冬場には使えない。

なんかもういちいち追いかけているのでゆるいウォッチャーみたいになってるっぽいけれど、やずやのCM、ヨーロッパに行きましたね。東洋的な健康食品で突き進むのかと思いきや、ケフィアですか。一時期ヨーグルトきのことか言われてちょっとブームになったアレでしょケフィアって。やずやってもうすでに振り向かれなくなったものにあえてスポット当てるのが上手いよなあ。

CMはあまり詳しく見てないんだけど、あのかげろうのように寂しさが揺らめき漂う画面の雰囲気は健在のようですね。やずやテイストは国境を越えるのだなあ。
posted by まる子 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

なぜか目を惹く二人。

細身のサツマイモが一本あったので、どうしたものか…と考えた末、濡らしたキッチンペーパーで包んだあとアルミホイルでくるみ、オーブントースターで焼いてみたら、結構美味しい焼き芋ができてご満悦だったまる子ですこんばんは。割と甘くなりましたよ。

すごく伝えたいことがあるのに伝わらずもどかしい思いをするなんてことは、生きていれば数限りなく起こるものである。上手く表現する方法が見つからずに伝えられない場合と、伝えはしたものの賛同が得られないという結果を迎えてしまい伝わらなかった場合とがあるが、私が今抱えている『伝えたいこと』は、そのどちらの要素も満たしているように思う。どうやって的確に伝えるべきかいまだにわからないし、もしそれができたにしてもどうも賛同者は現れないような気がするのだ。

私が今伝えたいこと。それは
『内山田洋とクールファイブの中に宮本さんと小林さんというなぜか独特の味を持った人が二人もいた』
ということだ。あーもうこの時点で伝わってない感まんまんだな。
だいたいムード歌謡系グループのメンバーってあまり人格を持ってないというか、個性が伝わってこないことがすごく多いのに(また個性を発揮する場がさほど用意されてない)、あのお二人からはそれぞれが持つ馥郁たる味わいがビンビン伝わってきていたのだ。

別にあのお二人が際立ってフィーチャーされていたこともないし(少しはネタになっていたけど)、他人を押しのけて何かを主張していたようなこともなかったのに、なぜかこの二人だけアンダーラインを引かれていたかのごとくに目立っていた。髪型が独特だったという共通点は確かにあったけれど、髪型だけであそこまで人の目を惹き付けるって結構難しいだろうしねえ。私なんか故・内山田洋さんの顔は忘れたけれど、宮本さんと小林さんはちゃんと覚えてるもんなあ。

自分から目立とうとしなくとも強い印象を残す。それって芸能界においてはすごい才能だと思うのだけど、なぜかクールファイブの枠の外には飛び出さなかったお二人。その独特の質感を伝えたかったけど、やっぱり伝えられなかったなあ。
posted by まる子 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

日常の断片

ネット通販しようとして支払いはクレジットのみであるという規約を前に撃沈したまる子ですこんばんは。クレジットカード持ってへんのですよ俺。アカプルコの絶壁から飛び込むがごとく、カード地獄へ一直線に突っ込んでいく俺の姿が目に浮かんじまいますので。

私の愛車『チャーリー五世号(自転車)』を出先でうっかりひなたに置いてしまったため、帰る頃にサドルがものすごく熱くなってしまい難儀した。触った途端「アベッ!」とか言いたくなる熱さ。もちろんハンドルとかも熱かったけども。しょうがないのでとりあえず日陰に避難し、全体的に自転車が冷めるのを待って(自転車が冷めるってすごい表現だな)から帰宅した。あれもし冷まさずにいきなり乗ってたらどうなってたかなあ。ただでさえ汗をかきやすい太腿に悲劇が訪れていただろうな。

甘いものが苦手なはずの父が急に「昔ながらのメロンパンが食べたい」と言い出し探すハメに。というのもきょうびのメロンパンってチョコチップが入っていたりバター風味だったり、何かしらひと手間が加えてあって、もとのあの『カサカサ乾いてて甘くて、メロンの香りがやたらにする』ものがあんまり店になかったりするのですよ。なので店で見つけるなり慌てて二つ確保。私もついでに食べてみましたが、やっぱりあのベーシックメロンパンが一番美味しいなあ。
posted by まる子 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

日常の断片

シーブリーズで体を洗い、トニックシャンプーで頭を洗う私と、ラックススパモイストで体を洗い、資生堂のツバキで頭を洗う兄…風呂場でいつも「逆だよな」と呟く日々を過ごすまる子ですこんばんは。子供の頃から逆だったらよかったのにと言われ続けてはおるんですがね。

今日は地蔵盆だったので、この暑いさなかでも朝から子供たちが大勢外に出ていた。子供たちのほたえる(死語と化した関西弁で『おおはしゃぎで暴れる』意味)声が我が家にまで届いていた。ちらっと覗いて見るとなんていうのかエサを放り込まれた直後のニシキゴイの集団のようでしたよ。一種の脅威というか。アイスやジュースでときどき体を冷やしつつ際限なく暴れたおしていた。子供らは水冷式なのだな。

昨日メモリーカードに取り込んだ曲数を確認したら198曲もあった。それでもカードの8割弱しか使ってない。どんだけ容量あるんだね(笑)。最初2メガにしようかと思ってたけど、1メガで十分でした。今気に入って聞いてるのはマドレデウス。私やっぱりラテン系の発音が好きだわ(マドレデウスはポルトガルの音楽集団)。イタリア語はそうでもないけど、スペイン語とか好き。
posted by まる子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スミヤキストQの冒険

携帯用のメモリーカードを買ったので、そこに手持ちのCDの曲をゴソゴソ取り込んでいたら予想外に時間がかかってしまったまる子ですこんばんは。こういう『一つ一つは短時間で済むけど、まとまると結構な時間になる』作業ってたいてい予定時間をオーバーするんだよなあ。プリンタで印字するのとかさ。私が時間を読むのがヘタってのもあるんだろうけど。

ある時点で「これちょっとほしいな」と思い、「だけどまあ今じゃなくてもええやろ」などと先送りにしている間にそれが市場から消えてしまい「バカバカバカバカ俺のバカ!何であの時買わなかったんだ!」と後悔することが私にはちょいちょいある。その一つが、高校時代に図書館で二回連続で借りて読んだ、倉橋由美子の『スミヤキストQの冒険』である。

実は食い意地の張った私は最初タイトルの『スミヤキスト』を『スキヤキスト』と読み違えてしまい、すき焼きが大好きな主人公が出てくるのかと思って借りてしまったのだ。倉橋由美子に関しての知識はゼロで(今もゼロに近い)、エッセイ的な話だろうかと思ったりしていたのだ。

読んでみると内容は全然違っていて、完全に非現実的な空間の話なのだが、しかし自動車が空を飛ぶとかそういう非現実ではないのだ。一つ一つの要素は現実に存在するものなのだが、配置の妙というか、全てのものに乾いた硬質なゆがみがあるのである。主人公は孤島にある感化院に派遣されたQという男で、タイトルにあるようにスミヤキ党の党員であり、工作員である。感化院に収容されている少年達をオルグするのがどうやらミッションのようだ。

で、その孤島の中でQは孤軍奮闘するのだが、昔に読んだ作品の上にストーリー展開があまりにも奇天烈なので上手く説明できない。ただ、出てくる人物みんながそれぞれ決定的に歪であり、それなのに感情的なしがらみ等は一切描写されない。文体もそうなのだが実にドライで風通しがよく、湿り気がないのだ。

私はグロテスクなのにドロドロしていないその小説世界が大変気に入って、ぜひ買わねば…と思っているうちに時が経ってしまい買いそびれてしまった。あ〜しまったなあ。今読めば多少印象も違ってただろうに。
posted by まる子 at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍(マンガ含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

新映像が。

この暑さのせいかサボテンがしおれているのに気づきビックリしたまる子ですこんばんは。容赦なく日光が照り付け、雨もほとんど降らぬ乾燥地帯の中にあっても、しっかりとみずみずしく生きていけるはずのサボテンがしおれるとは…。慌てて水やりしたらすぐにシャンとしましたけどもね。

以前このブログで、猛暑の日のニュース映像はテンプレ化しているというようなことを書いたことがある。扇子で扇ぎながら横断歩道を渡るサラリーマンや日傘姿で歩くOL、大儀そうに横たわる白熊(これには氷の塊をもらって喜ぶバリエーションもある)などなどが必ずといっていいほど流されるというものである。数値ではない『暑さ』そのものを伝えるためにわかりやすい映像を求めた結果ああいう映像になったのだろうと思う。

しかし、ここ数日の暑さはそれまでのものでは語れないくらい規格外の暑さだったのだろう。暑さを伝えるベタ映像に新顔が登場していた。それは『地べたでヘバっている鳩』の姿である。翼を広げて地面に伏し、どうすることもできずに力なく横になっているその姿は初めて見るもので、確かにインパクトがあった。

「そうか鳩、こう暑くちゃ空も飛べんか」と同情の一つもしたくなるその姿勢。首を前後させながら歩くか飛んでるかくらいしか見かけない鳩の、まず見ることのない姿をカメラに収めることでこのくらい暑いんですよというメッセージにしたかったんだろうな。でも正直言ってそんな映像が出てくるような暑さはもうごめんこうむりたい。
posted by まる子 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

暴君のごとき暑さ。

あまりの暑さに目の前でアゲハチョウが息絶える瞬間を目撃してしまったまる子ですこんばんは。ヒラヒラ飛んでいた蝶が突然地面に落ち、その後何度か羽ばたこうとしていたけれど結局叶わずそのまま動かなくなってしまいました。ほんとに全くやっとられんなってくらい暑かったですね。

今日はこっちに来られていたHさんとそのお友達の方に会ってきました。とてつもない猛暑の中、本当に色んなところを巡って来ましたぜ。にしんそばが有名な松葉さんや、下鴨神社そばの甘味処、色んな小物屋さんに二年坂などなど…。二年坂に行く際にタクシードライバーにイケズをされてちょっとだけ大変な目にもあったりしつつ(私が地理に明るければ阻止できたものを…面目ない)、とても楽しい一日でした。笑ってしまうくらいに暑かったけれどね。

二人は夕方にお帰りになるということだったので五時過ぎに別れましたが、地元民でありながら二人のあとを必死についていくだけの情けない俺…やはり少しは遊ぶべきなんだなあとちょっと反省。あと、目的地なども瞬時に把握できず、状況を一生懸命追いかける始末。自分がニブ山ニブ之助だという自覚はあるけど、ちょっとひどすぎたかもしれん。でもHさんと知り合って本当に色んなところに出かけるようになったなあ俺。いつも会うとふざけてばかりだけれど、本当に感謝していますよ。

家に帰り着いたらニュースで、日本で一番暑かったとされる気温が更新されたと聞いた。何でも、気圧が高すぎて空気が圧縮され気温がものすごく上がったらしいっす。道理で暑かったわけだー。あ、余談ですが写真は何となく気になって撮ってしまった写真です。『ビアガーデン』じゃなく『ビアカフェ』ってなんじゃろかいな。
20070816132125.jpg
posted by まる子 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

断じてファンではないけれど。

『2000円以上お買い上げの方送料無料』というネットショップで買い物をし、合計額が2005円だったことが大変に嬉しいまる子ですこんばんは。何だろうこの「首尾よく買えたよ俺!」的な喜びは。逆に1950円くらいだとガックリガクガクです。

夜中にまたしても稲川淳二の怪談番組をやっていた。別に好きじゃないのになんか見ちゃうんだよな(←それは好きってことじゃないのか)。でもホント、別に好きではないんですよ稲川淳二。夏場なので遭遇率が上がってるだけだと信じたい。

それで聞いてて感じたのだけど、この人のトークはだんだん落語みたいになってきていると思う。間のとり方オチの付け方、話のまとめ方が一つの様式美(美?)になりつつある感じなのだ。前はもっとこう、感情先行型というか話し方も雑だったり説明不足の点があったりして、それも一つの怖がらせテクかと思ってたんだけど、だんだん話し方が上手くなってきてるんすよ。

怖い話があり、それを話すのが稲川淳二だった、ではなくて、『稲川淳二が怖い話をしている』ということそれ自体(話の内容はともかく)が一つのスタイルになってるというか。自分で何言ってるのかよくわからないけど。とにかくなんか別のステージに移行したっぽい。

で、こんなこと書くから稲川淳二ファンだと誤解されちゃうんだよな(笑)。
posted by まる子 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

うなぎって美味しいやん。

このブログ内で自分が過去に書いたエントリを何げなく見ていて、結構最近のとネタがかぶってるな…と愕然としたまる子ですこんばんは。生活が何も向上しとらん証拠やな。

今日は昼ごはんを外で食べようということになり、近所のうなぎ屋さんに出かけた。ものすごい近所に結構な老舗があるのだ。実は私はうなぎが好きではないのでちょっと躊躇したのだけど、さしあたって他にいい店もなかったのでそこに決定した。うな重の御膳(お造りやら肝吸いやらがついてる)を頼み、どうかなあ…といささか不安がりつつも食べてみることにした。

そしたら美味しいんですよすごく。うなぎは香ばしく焼けていて身がしっかりしているのに柔らかいし、たれも甘すぎず辛すぎずで。量も本当にちょうどよくて、腹九分目という感じ。私はうなぎの脂っこくてもたれる感じが苦手だったんだけど、それは単にいいうなぎを食べてなかっただけのことだと思い知りました。質のいいうなぎはちゃんと美味しいのだね(笑)!

ちょっと値は張りましたが、値段分だけのことはありました。店から出た途端大粒の雨が勢いよく降り出し、父親に「お前のせいや!」と言われましたが、まあそれはご愛嬌ってことで。

今日はなんかほんとに日記っぽい仕上がりっすね。こんなのもたまにはよかろうて。
posted by まる子 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

おんちのやきそばヤング

お盆休みがあるんだかないんだかよくわからない日々を今年も過ごしているまる子ですこんばんは。長期休暇で気が緩んだのか父が痛風発作を起こした挙句発熱して横になっております。受験が済んだら急に風邪を引く学生のようでありますな。一応法事は出席してましたけどもね。

夕方買い物先のスーパーの店内をウロウロしていたら、麺類売り場に『おんちのやきそばヤング』が売られていた。メーカーの恩地食品は関西では有名なメーカーで、CMキャラクターの浜村淳氏が「あ〜おんちかった」と言ってしめるコマーシャルがそこそこに有名だった。実はおんちのやきそばヤングはかなり昔からある商品で、そのCMも浜村氏が担当されていたのを覚えている。

「おんちの、やきそばヤング〜〜っ!」といつもにも増して声を張った浜村氏のセリフで始まるそのCMは、ヤングを体現するキャラとして相当不向きな浜村氏がそれでも一生懸命ハツラツと若々しくこなしておられたと記憶している。商品名が『ヤングやきそば』ではなく若干すわりの悪い『やきそばヤング』だったこともそのCMに味を添えていた。

当時小学生だった私はそのCMを見て「浜村淳てヤングちゃうやん」とツッコんでしまったのだが、母が「お前は何もわかっていない」と言いたげな笑顔で「アホやな。浜村淳ていくつや思てんの。あの年齢でこういうコマーシャルに出て、毎朝毎朝ラジオしたはるんやで。ものすごい若いやないの」と私をたしなめた。

若さは絶対的なもの(年齢のみ)でしかはかれないと思っていたのだが、『この年齢でこの風貌』『この歳でいまだこの体のキレ』というような、相対的評価というものがあるのだと知ったのがその瞬間だったのだ(これは大げさじゃなくてほんとにそう思った)。

私に発想の転換をもたらすきっかけとなったやきそばヤング…。一度も食べたことのないそれが今目の前に…。と思いつつ私は結局買わなかった。そして浜村淳は相変わらず一定の若さを保っている。何だこのオチ。
posted by まる子 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が乗らないなあ。

懐メロの番組を見ていて「『旅愁』歌ってた西崎みどりって今何してるんやろ?」と言った直後に西崎みどりが現れ、「そういえば最近尾藤イサオ見かけへんな」と言ったら尾藤イサオが登場しあしたのジョーを熱唱したのでちょっとびっくりしたまる子ですこんばんは。何だこのしょぼい予知能力(笑)。

明日は法事なのだが、暑さのせいかあまり気乗りがしない。意気揚々と法事に取り組む方が珍しいのかもしれないけど、そういう意味じゃなくてなんというか緊張感みたいなものがわいてこないのだ。もちろんちゃんと事前の準備はしたけれどもね。あとはご住職が予告どおりの時刻に来られるかどうかだなあ。多少早めになるのはいいけど、遅れられるとなあ…。
posted by まる子 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。