2007年11月23日

やっぱすごいな。

羽賀研二が歌っていた『ネバーエンディングストーリー日本語バージョン』の歌いだしを聞いた時点で毎回毎回ブハッと噴き出してしまうまる子ですこんばんは。何年経っても面白い。いくつになっても笑ってしまうよ。よ〜せよ〜♪

昨日届いた圧力鍋で、早速豚の角煮を作ってみました。しかしほんとにでかいんだよこの鍋。業務用みたいな感じ。仕込みとかできそう。
nabe.jpg
写真はそのでかさに思わず撮ってしまった写真。きったないファンヒーターの上に乗せております。隣にあるのは比較対象界におけるキングオブキング、セブンスターです。鍋に貼ってあるシールは神田川さんの写真。写真はボケてますけどシールには『美味へのこだわり 美味の哲学 料理は理屈じゃないよ。腕だよ、経験だよ』というお言葉つき。「〜よ」という語尾のおかげで一見甘い言葉のように聞こえますが、その意味は結構きつくてシビア。まるで神田川さんご自身のようでありまするな。

で、肝心の仕上がりですが。短時間で本当に軟らかくできてビックリしましたよ。味もしみてたし。最初は「鍋が爆発するんじゃねぇか?」とかハラハラしてたんですけどもね。でっかい鍋は無事役目を果たしてくれました。

ただ、課題もいくつか残りましたねえ。まずは脂。普通の鍋で一回ゆでて脂抜きしてから圧力鍋でもう一回下ゆでしたんだけど、まだちょっとしつこかったな。他の方法を検討しないとね。一回フライパンで焼いてみるとか。あとレシピどおりだと若干味に鋭さがない印象を受けたので、醤油を増やすとか砂糖を減らすとか、日本酒を焼酎にしてみるとか色々やってみようかなと。

今度はカレーに挑戦しよう。夢が膨らむなあ。鍋一個で膨らむんだから、俺の夢も安上がりだね(笑)。


posted by まる子 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エキセントリック配達員。

そういや今年はお歳暮CMでハムの人がいねぇなあ…と何となく思っているまる子ですこんばんは。ずっとずっと浮かず沈まずで季節の風物詩的存在になっていくだろうと無根拠に信じてたんですけども。そのくらい安定感があったし。世の中に絶対なんてものはないんですなやはり。

今日圧力鍋が届いたんですけど、まあでかいでかい。容量が9リットルもあるんすよ。事情でそのサイズだけしか選べなかったので仕方ないんですけどね。ありとあらゆるものを煮込めそうです。キャベツ一個丸ごとなんか余裕余裕。蓋なんかフライパンみたいっすよ。

まあそれはそれとして。その鍋を運んできた人ってのがこれまた奇妙な人でね。ベルを鳴らしたあとめちゃめちゃキレてるんですよ。
「○○(うちの苗字)さんっ!宅配便ですっ!早く出て下さいっ!」って外で怒鳴ってるのね。私は急かされて慌てて応対したんだけど、戸を開けたら明らかにその人の顔が怒ってるんですよ。すごい険しいの。その顔で「ここにハンコ押してっ!」って開口一番キレながら言ってきました。

それでこっちもちょっと呆気にとられつつハンコをつき、急いで荷物を受け取ったんだけど、その途端その配達員さんが急におとなしくおどおどした表情に変わったんすよ。そして消え入りそうな声で
「すみませんでした…。失礼します…」と一言残して去って行ってしまいました。

もうその落差に驚くというか怖くなってしまったよ。キレてるならずっとキレっぱなしの人の方が「ああ、こういう人なのか」と納得できるんだけど、一瞬ですごい落差をつけて態度を変えられるとちょっとこわいっすよね。エキセントリックっていうのか、感情の制御が若干弱そうな感じだし。いや、キレっぱなしの人も怖いですけどね。怖さの質が違うんだよな。常に危険なものと、いつ危険になるか予測できないものの違いに似てると思う。前者はビビりつつも覚悟ができるけど、後者は高確率でこっちが後手に回るからなあ。
posted by まる子 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。