2008年01月10日

日常の断片

友達と雑談しているときに「無人島に何か一つだけ持っていくとしたら何を持っていく?」と訊かれたので「バンテリン」と答えたら「あー、どうにもこうにもアンタらしいわ」と感心半分呆れ半分のコメントをもらったまる子ですこんばんは。バンテリンは今の俺の必須アイテムなんだよ。松本幸四郎もしみじみと言ってたじゃないか「この効き目はありがたい」って。

『あなたの腹黒度チェック』というサイトで何の気なしに腹黒指数をチェックしてみた。開明書液ばりに真っ黒だったらそれはそれで面白いな、と思って結果を見たら、意外にも腹真っ白でした。ただ付け込まれやすいのでご用心、なんだってさ。まあ確かに意地が悪いと言われたことはないけどね。迂闊だとは言われるけど。

コンタクトを作りてぇな作りてぇなと思いつつ、いまだに作りに行っていない。ていうかあたりをつけていた店が定休だったからなんだけどね。私は何の疑いもなく使い捨てのソフトにするつもりだったんだけど、知り合いのコンタクトユーザーの人数人に聞いてみたら、ハードを勧められる率が結構高かった。実は眼球への負担はハードの方が少ないとのこと。おまけにみんな私のズボラニストぶりを知っているので、手入れが楽なハードの方がお前向きだ、とも言われてしまった。ハードにすべきなのか、俺?


posted by まる子 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファザー、サン

DVD-BOXに入っていた映画のうちの一本(これで何のBOX買ったかわかっちゃうなあ)。もう一作よりも画像が明るそうなので選んでみた。

主人公は二十歳の青年。軍学校に通っており、20歳しか歳の違わない若い父親と二人だけで暮らしている。母親は主人公を生んですぐに死んでしまったという設定で、全く登場しない。が、父親曰く主人公は母親に似ているらしい。

この親子はあまりにも仲がいい。父親は元軍人で現在は退役しているのだが、用もないのに息子に会いに軍学校に出向いたりしている。息子は息子でそんな父親を鬱陶しがることなどなく、それどころか父親しか視界に入っていないくらいに父親を恋い慕って生きている。説明がなかったら、紛れもなく二人は恋人同士にしか見えないくらいだ。実際そのように受け取る鑑賞者は多かったようで、監督自身が「この映画は同性愛の映画ではない」とあえて言ったほどである。あくまでも大変に仲のいい親子を描写している、ということなのだろう。

しかし作中にはそんな二人の姿を奇異に感じる人間がちゃんと登場している。主人公の恋人の女性も二人の間には入り込めないと告げるし、主人公の軍学校での同級生も、学校を訪ねてきた父親に訝るような視線を向ける。つまりこの映画を作った人はちゃんと、二人の仲が世間一般の常識的な親子の姿から逸脱しているとわかっているのだ。

二人は互いに大変に愛し合っているのに、なぜかその姿はひどくはかなく不安定だ。満ち足りた様子など微塵もなく、欠けた部分を求め続けているようにしか見えない。抱きしめあっていても、顔が触れそうなくらいにそばにいても、安心感は全く伝わってこず、それどころか出口が見えない寂しさだけが募ってくる。

父親は息子を溺愛することで最愛の妻の影を追っていて、息子は父親の全てを知り尽くそうとしてそれが叶わずいらだっている。愛しすぎて近づけば近づくほど、決して分かち合えない部分が際立つことに気づかないで生きているのだ。そして、人には分かち合えない部分、知ることが絶対に叶わない箇所があることを受け容れなければいけないのだと、息子は自分の力で理解する。理解したとき息子は父から離れることを宣言し、そして物語は終わる。

この映画は自立という名の別れの映画だ。だけれど、闇雲に求め合う親子が別れを受け容れるとき、なぜかずっと一緒にいた最初のときよりも、見ているこっちの心が安らぐのである。好きだから、愛しているからと自分を差し出し、相手を求めることが必ずしも幸せには繋がらないと今更ながらに思わされる。

つまるところ、どんな人間も独りなのだ。自分の世界には最初から最後まで誰もいないことが当然なのである。もしも誰かがいたとしてもそれは一時的な存在で、けして住民ではない。それを当然ではないと思いこむことが苦しみの始まりなのだろう。

この親子は互いに愛しぬくことでその境地に至ったのだろう。それはきっとすごく幸せな別れ方だ。たぶん何度も何度も見る作品になりそうな気がする。
posted by まる子 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

当たりだった。

ブログに初めからついているアクセス解析を見たら、アクセスがいきなり1000を超えていて何となく怖くなってしまったまる子ですこんばんは。いつもは100前後なんですよ。それがいきなり10倍はねえ。しかも短時間に700アクセスとかになっていて、なんなんだろう…と首をひねってしまいました。

兄が職場の人からチャンジャをもらって帰って来た。私はチャンジャが好きなのだが、父も兄もそのビジュアルに抵抗を感じるらしく手をつけようとしないので、結局独り占め状態だ。あれ美味しいよなあ。独特の歯ごたえがあって。ご飯にもめっちゃ合う。寄生虫がいるのもあるらしいんだけど、一時にたくさん食べないしまあいいかなと。

昨日来たDVD-BOXには三作品入っているのだが、そのうち未見だった二作品のうち一作を見た。好きになれんかったらどうしよう…と不安だったけど、幸運なことにその不安は外れた。というかちょっとこれどうしよう…と思うくらいハマってしまった。明日にでも感想を書いてみよう。とにかく当たりでよかった。
posted by まる子 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

日常の断片

頼んでいたDVDが届き、いささかご満悦のまる子ですこんばんは。マイナーな映画なんでこれ逃したらもう買えないような気がしてさあ。だけど届いた時間が遅かったので未見。今日か明日にじっくり見たいと思うちょります。

新聞の集金人さんに支払いをしたら、こちらにおつりを渡す際になぜか「はい、○○円のお年玉です〜」と言われてしまった。いやいやいやいや、それは違うやろ(笑)。なに他人のふんどしで相撲取ってんだって話っすよね(笑)。また風貌がすごい真面目そうな人なので、こっちも笑っていいのかイカンのか判断がつかないんですよ。そのコメントがわざとなのか過失なのかわからんのでね。「うわー、やったー、最高やー(←彦摩呂口調で読んでください)」くらい言えたらええんやけど、といっつも思うんだけどね。

近々髪の毛をバッサリやる予定なのだが、短くしたらとてつもない私の天パが暴れだすだろうなあ…とちょっと憂鬱。しかも私はここ数年ずーーっと髪が長いので、短くしたらどんな風にクセが現れるのか把握していないのである。なのでどういう髪型でお願いしようか思案中である。「ええ感じにやってください」とか漠然とした注文で乗り切ろうかなあ。
posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ソフト希望で。

石ころだらけの空き地を猫が独りでトコトコ歩いているのを眺めていたら、その猫が不安定な石ころを踏んでしまったらしくちょっとだけガクンとなってしまったのを目撃して少し和んだまる子ですこんばんは。一人でマイペースに散歩している猫を見るとなんか心癒されるんだよなあ。

ずっと欲しいと思っていた映画のDVD-BOXを注文した。高かったんすけどね。でもどうしても欲しくて。なんか年明け早々散財しそうな気配が濃厚ですぜ。上記のDVDでしょ、あと久々に香水もちょこっと買いたいし、コンタクトレンズも作りたいんすよ。メガネがいよいよ合わなくなってきたし、雨の日とかものすごい不便なんで。

私は痛がりなんでソフトにしたいんだけれど、乱視がきついとソフトは合わないんでしたっけ?私は結構えげつない乱視らしいんだけど、ハードは痛そうだからなあ。今は乱視でもOKなソフトも出てたんだっけかな。ちょっとネットで調べてみよう。
posted by まる子 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

ちょこっとずつ。

年が明けてから寝ても寝ても眠い毎日のまる子ですこんばんは。一応ちゃんと寝てるんだがなあ。起きてる間ずっと眠いんすよ。疲れがたまってるのかもなあ。考えたら日頃より負担でかいものね。

せんだみつおって『千に三つしかほんとのことを言わない』いわゆるセンミツから芸名をとったと聞いたんだけど、完全に本人が由来を凌駕してるよなあ。センミツって聞くと「ああ、千に三つしか真実を話さん人やね」とは思わずに「ああ、ミスターナハナハやね」って思っちまうものなあ。…て年明けから何を言うとるんだろう俺は。

正月料理がどれもこれも中途半端に余ってしまった。食べきったものもあるんだけど、大半がちょっとだけ余っているのだ。これの活用法はないかなあ。冷蔵庫にはごまめ、かまぼこ、伊達巻、黒豆、酢レンコン…がちょっとずつ思い思いの格好で休憩している。全部卵と混ぜてオムレツとかにしちゃおうかな(←乱暴すぎ)。
posted by まる子 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

なんだかどうでもいい日記。

家族の中で一人だけ酒を呑まずにいたら「正月とは昼間から酒を呑むものだ」とか非難がましく言われてしまったが、その酒の準備とあと片付けは誰がやっておると思っているのだね?と言いたくなってしまったまる子ですこんばんは。酔うとやる気がなくなるから自己管理として呑まずにいるというのになあ。もともと昼間の飲酒が好きじゃないってのもあるけどさ。年が明けて呑んだのは越乃寒梅ひと口だけでし。

松の内が明けたら髪の毛を切ろうと本気で決意。もういい加減洗うのがしんどくなってきたし、ちょいちょい行くお店のママさんが「短くしたらいいのに〜」と会うたびにおっしゃるってのもある(過去にショートにしてたのだが、それがすごく似合ってたとのことだ)。美容院行ったらヒかれそうなのが心配だな。でもまあいいか。こっちはお金払って行く客なのだしね。えらそうにする気なんか毛頭ないけど、おどおどと遠慮する必要もないもんね。

三が日は晩御飯を鍋物にするというルールが我が家にはあって、それを今年も守っているのだけど、鍋料理ってついつい食べ過ぎちゃうんだよなあ。水炊きの最後に入れるおうどんが美味しくってさあ。めちゃめちゃ食べちゃうのよ。しかも父親が風邪を引いて食欲不振だから余計にこっちのノルマが増えてしまってねえ(笑)。さて、明日もお鍋だな。慣れれば確かに楽ですね、あれ。
posted by まる子 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

一番わかっていたのは東幹久

昨年買った年末ジャンボ宝くじで3000円当てるという、相変わらずのしょぼいくじ運発揮で2008年の幕開けを迎えたまる子ですこんばんは。さて今年はどんな年になるのやら。宝くじの結果を見るに現状維持の可能性が濃厚ですな。

大晦日は『笑ってはいけない病院』を見て過ごしたので、紅白どっちが勝ったのかいまだ知りません。全然見てないので(『ルビーの指輪』だけたまたま聞いたけど)。『笑ってはいけない…』はこっちの期待値がでかかった分、ちょっと「ん?」という感じではあったけど、なかなか面白い部分もちゃんとあった。

落とし穴に全力で落っこちた楳図かずおとかね。顔強打してたもんなあ。大丈夫だったかな。あと一生懸命女性の喋り方で演技していた妊婦の岸辺シローも一見見落としがちな味がありましたよ。メンバーがMRIに入っていくとき「装置の天井部分に浅見千代子ちゃんがいるんじゃなかろうか?」という予感を的中させたりもした。あのおばちゃんはもう鉄板ですな。入院患者アキタカくんの常に水平の目線もジワジワ面白かったなあ。ジミー大西の高打率も相変わらずだった。ものすごいヘンな間合いで入ってくる「板尾創路のブラックジャック!」というタイトルコールや、外科医に扮した水木一郎の「ど〜け、ゼーーット!」の間延びぶりも笑ってしまった。

私が一番面白かったのは、検尿コップや尿瓶を常にあふれそうにさせている東幹久だった。もうほんとにヒッタヒタなんですよ。東幹久はあの番組内で完全に芸人として機能していた。梅宮辰夫、江守徹などは「あの役者さんがこんな役で出演!?」という『役者というアイデンティティ』が持つインパクトに重点を置いていたけど、幹久さんは内容勝負というか「やっぱり来たな幹久」というお馴染み感まで漂わせていた。その上ちゃんと要求される妙な温度の低さまでクリアしていた。あの番組はやはり温度の低さを保ってナンボだと思う。今回はちょっと温度があったのが残念だったなあ。
posted by まる子 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。