2008年01月14日

もう一回見たい。

朝方、台所で一心不乱に手を洗っているときに目を覚まし、自分が寝ぼけているということを自分で知ることができたまる子ですこんばんは。しっかし誰にも気づかれぬまま寝ぼけている事例って世の中にいっぱいありそうだなあ。

正月にテレビで太神楽の染之助・染太郎兄弟を見なくなって久しい。兄の染太郎さんが亡くなってからほとんど染之助さんを見かけていないのだ。このご兄弟、最初はちゃんと『海老一染太郎(兄)・染之助(弟)』と名乗っておられた記憶があるのだが『お染ブラザース』とか言われてブレイクしだした頃から『染之助・染太郎』になったような気がする。まあ、そっちの方が語呂がいいからだろうね。

見事な曲芸を次々披露する染之助さんに対して、そばでただ盛り上げているだけの染太郎さん。そしておなじみのフレーズは「これでギャラはおんなじ〜」だった。しかし、実はマネージメントの一切は染太郎さんが行なっていて、染之助さんは明日どこに行くか聞かされているだけの状態だったという。だからギャラが同じなのは当然だったのだ。

それにあの芸を行なっている間、染之助さんはほとんど喋ることができない。そこを巧みにフォローし、場の緊張感を和らげ、上手く盛り上げていた染太郎さんの話術があってこそ明るく楽しい曲芸になっていたのだろう。まさに二人で一つ。

もう一回あの華やかで罪も毒もない、パーッと明るくなる景気のいい曲芸を見てみたいなあ。


posted by まる子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうダメになったの!?

デニッシュ食パン(私の好物)をプレーンなまま食べていたら家族から「貧乏くさい」「食べ方に工夫がない」と散々な言われようだったまる子ですこんばんは。パンくらい好きなスタイルで食わせてくれよな。

カレーが食べたいというリクエストがあったので、ここは圧力鍋の出番だとまたまたご登場願った。材料を切って水とともに入れ、フタをセットし、いそいそと火にかけること数分。取っ手のところについている弁の穴から勢いよく湯気が噴出しはじめる。で、いつもならしばらくするとその穴についた弁がサッと閉じて本格的に圧がかかり始めるのだけど、全く閉じる気配がない。

慌てて火からおろして水をかけ、圧が抜けたのを確認した後、フタを取って弁をチェックするが、何かが詰まってるとか錆びてるとかそういう異常は見当たらない。だけど再度火にかけても弁はいっこうに閉じないのだ。結局だましだまし加熱してカレーは美味しくできたんだけど、まだ10回も使ってないのにもうオシャカなの?それはちょっと困るんだけどなあ。

説明書にもその弁に関する説明は一切ないし、でもあれが動かない限り圧力鍋は使えないし…。お客様相談センターに電話してみようかな。
posted by まる子 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。