2008年02月28日

日常の断片

最近ヤケクソみたいに『セレブ』と言って遊んでいるまる子ですこんばんは。「私は貧乏界のセレブ』だの『セレブな灯油を入れてくる』だの『セレブな白菜浅漬けはどうだね?』など。乗っかってるうちは面白いけど、我に帰ると胸を寒風が吹きすさぶ感覚が味わえます。

私が以前住んでいた街で毎日のように利用していたマーケットをネット検索してみたら、未だに健在でちょっとビックリしました。あの街を離れてもう25年以上になろうかというのに、まだ畳まずに続いていたんだなあ。感慨深いよ。私が住んでいた頃はさあ今から開発だ、という段階だったのでまだ手付かずの空き地がすごく多かったんだけど、現在はかなり発展しているらしくて、色んな店ができているようです。あ〜、懐かしいなあ。幼いときの思い出ははっきり言って全部あの街にあるからね。

私は無洗米が嫌いなんだけど(ご飯にコシがないから)、近所の人から無洗米を頂いてしまった。いや、確かに便利がいいことはいいんですよ。この水が冷たい時期にお米を洗わなくてもいいし、水もそれだけ節約できるしね。でも、貧しくともせめてご飯くらいは美味しいのを食べたいんだよね。せっかく頂いといてその言い草はないだろうと自分でも思うけれどね。私はご飯を土鍋で毎日炊くので、かなりカバーはされてるみたいだけど、早く普通に洗うお米に戻したいなあ。やっぱりどんなものでもひと手間かけるものの方が美味しいですねい。


posted by まる子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

月の爪の夢。

『ひょんなことから』の『ひょん』って何かね?と何となく思っているまる子ですこんばんは。語感からして『物のはずみで』的なニュアンスを感じることはできますが。でも『ひょん』はちょっと可愛らしすぎるだろう。

ムーンライダーズの『月の爪』という曲を聴いている夢を見た。私はこの曲が大好きで昔は何度も何度も繰り返し聴いていた。アルバム収録の曲なんだけど、この曲だけ異質なんすよ。他の曲は全体的にポップでムーンライダーズにしてはねじれやゆがみが少ない印象があるんだけど、これは別。実に屈折していてサイコな感じすらする作品です。

一方通行で可能性のない、ある種偏執的な愛の歌なんだけど、けだるげなボーカルや音色が独特の魅力を放っていてすごく印象に残るんすよね。本当は逃げなくちゃいけないのにどうしてもそこに目を奪われるようなそんな感じ。強く否定しないと心奪われてしまう、みたいなね。

でもなんでこの曲が夢に出てきたのかなあ。何らかの意味があるんだろうけど。私は音楽の流れる夢をまず見ないんで、なんか気になっちゃうんす。
posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

並びたくない並ばせたくない。

最近色々気分がふさぐことが多くて珍しく家で酒を呑んだらひとつも酔わなくてやや愕然としたまる子ですこんばんは。本当はこういう呑み方好きじゃないしあまり良いことではないってのもわかってるんだけど、何年かに一回くらいだしまあいいかなと。でも酔わなかったのに頭痛だけはしてくるのでなんか損した気分だなあ。

今日は用事で銀行に行ったんだけど、日付が日付だけに利用客がいっぱいで、ちょっと並ばされる羽目になった。まあそれはある程度覚悟してたからいいんだけど、あれでいつも気になってしまうのが、作業が終わっているのにいつまでもATMの前から離れない人である。

金額の確認だとかそういうのは別に何とも思わないのだ。ATMだって完璧じゃないのでミスはあるだろうし、もしミスがあればすぐに対処してもらわないとややこしくなるからそれは全然気にはならない。私が気になるのは通帳や財布をその場でのんびりバッグにしまったりして、何というか「次の人がいるから早く離れないと」という意思が全く感じられない人のことなのだ。

私は並ばされるのも大嫌いだが(好きな人はいないだろうけど)、並ばせてしまうのはもっと嫌いなのだ。誰もいないATMなら私だってゆっくり作業するけれど、いっぱい人がいるならば、ムダを省いて必要最小限の時間で明け渡さないと!とそのことにものすごく神経を遣う。

通帳は事前に開いておくし、お金だってもたつかないようにちゃんと財布の中で選り分けておく。作業が済めばすぐにその場を離れ、部屋の隅で確認したりバッグにしまったりするようにしている。まあそれは私が人並みはずれてドンくさいというのもあるんだけど、それくらいは一応マナーとして行なわなくては、と思っているのだ。

でも私と違ってそういうことを全く気にしない人ってのも結構な数でいるんだろうなあ。「そのときは私の時間だから、何分かかろうと待ってる人がいらつこうとそんなこと少しも気にならない」って言った人もいるくらいだし。実際はそれくらい堂々としてる方が人生楽しいのかもなあ。
posted by まる子 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

パンダはいるよ。

灯油の巡回販売をしている人に「ねえ、エアコン買ってくれない?」とものすごくサラリと言われてしまい唖然としてしまったまる子ですこんばんは。まるで「ねえ、リンゴ買ってよ」みたいなさりげない感じの言い方だったので。そんな風に売るもんでも買うもんでもなかろう、と思うのだけどもね。

雪がちらつく寒い中買い物に出かけていると、私の少し前を親子連れが歩いていた。若いお母さんと小さな女の子の二人連れで、仲よさそうに色々喋りながら歩いていて、私は二人の会話を聞くともなく聞いている状態だった。

そんな中、女の子がお母さんに向かって「なあ〜、パンダ見に行きたい!」とだし抜けに訴え始めた。私の住む街の動物園にパンダはいない。母親はあまり真剣に取り合わず、「パンダはいないよ」と話を打ち切ろうとしたが、女の子は負けじと食い下がる。パンダの可愛らしさに参ってしまっているのだろう。

「なあ〜〜、パンダ見たい!」「パンダ見に行こうよ〜!」と何度も何度もピョンピョン跳ねながら要求を繰り返す娘に、母親は嫌気がさしたのか、ちょっと鬱陶しそうな口調で「あのな、パンダなんかいいひん(いない)の。あれは、熊に色塗ってるだけやねんで」ととんでもないことを言い出した。

女の子は「うそやん!」と半信半疑のちょっとだけショックを受けたようなリアクションだったが、こういう形で親が咄嗟についた嘘をしばらく信じてしまい、学校その他で友達に笑われるケースって結構多いんだろうなあ。私にも覚えがある。親にしてみればそんなもん本気にするとは思わないでしょってなもんだろうけど、子供は獲得している情報量が少ないから、結構な確率で信じてしまうんだよね。上記の女の子はどうするだろうなあ。友達にうっかり言ってしまわぬことをちょっとだけ祈っちゃったよ。
posted by まる子 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜男。

春一番でとてつもない強さの風が吹き、洗濯物が飛んでいくことに悩まされたまる子ですこんばんは。タオルが一枚飛んでいきましたよ。しかし『春一番』と聞くとA・猪木モノマネのオーソリティであるあの芸人さんが浮かんでしまいますな。本名春花直樹さん。

私は子供の頃から名詞の最後に「〜男(お)」とつけて人の名前みたいにして呼ぶクセがある。もちろん家の中だけでしかしないが、その代り家の中ではものすごい頻繁に言っている。「あ、雪男が降ってる」「靴男がバラバラや」「鍋男を洗わんとあかん」…などなど。別に擬人化したりはしないのだ。例えば箸を落としたとき「箸男が落ちた」とは言うが「箸男が逃げちゃった」とかは言わないのだ。

ところがこのクセは意外とうつるらしく、私がそれを言い出してから数年後には母と兄も普通にポツポツ言うようになり、未だに時々使っているようだ(「風呂男に入ってくる」「餅男が食べたい」等)。他人から影響を受けるのが大嫌いな親父だけは頑なに言わないけどね。
posted by まる子 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

偶然チヂミもどき。

なぜか今日一日で三人の人から「奥さん」と呼ばれてしまい、さすがに少し複雑な心境に陥ったまる子ですこんばんは。この歳だとやっぱ独身でも質感が奥さんになっちゃうか。わざわざ「いや、独身なんで」とはさすがに言えないので黙ってますが、なんか自分から嘘ついてるみたいで居心地悪いんだよな。

今日は夕食は私一人だし、買い物には出なかった。冷蔵庫掃除と節約を兼ねてありもんで済ませちまえとばかりに冷蔵庫を覗いてみると、ほとんど食材が入っていなかったことが発覚。何がどのくらい残っているか把握しとけよという話だが、覚えてないものは覚えてなかったのだ。あったのは卵1個、青ネギ、ニンジン、そして冷蔵庫じゃないけどジャガイモ。調味料は普通に揃っていた。

さてどうしたものか…と途方にくれつつ、とりあえずニンジンとジャガイモを千切りにし、ネギを小口切りにした。玉子焼きにするには卵が足りないなあ…と思案し、少しの水でドロドロにした片栗粉をカサ増しの意味でとき卵に混ぜ、ネギを投入。

ごま油で野菜をいため、味をつけてから卵を流し込んで焼き固めたら…なんかチヂミみたいな料理ができてしまいました(笑)。チヂミを作るつもりはなかったんだけど、偶然にね。ポン酢とからしをつけて食べたら結構美味かったです。ご飯のおかずにもなりました。まあ、とりあえずは成功だね。これで大失敗だったらご飯とお漬け物しかないところだったよ(笑)。
posted by まる子 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

日常の断片

小学校(転校後の)と高校の校歌はちゃんと歌えるのに(ワンコーラスだけだけどね)、中学校の校歌は全く思い出せずに自分でびっくりしたまる子ですこんばんは。全体的に中学時代の思い出は薄いんだけど(校舎の構造とかすら思い出せん)、まさか校歌を忘れてるとはねえ。

ワンセグにハマった親父が次にハマったのがテレビ電話。テレビ電話機能つきの携帯ユーザが身近におらんもんだから用もないのに私に電話してくる。何で親子で、しかも家の中でテレビ電話せにゃならんのだ。完全に携帯がおもちゃと化しているらしい。まあ、歳の割には若いってことか。

にしおかすみこが開脚倒立して「犬神家っ!」と叫ぶネタを見たが、あれスケキヨのつもりだとしたら足開きすぎだよな。もっとこう『チョキ』くらいの角度にしないと。そして膝はやや曲げ気味で。ああいう些細なズレがものすごく気になるんすよ。やるんならもっとちゃんとして欲しいんだよな。スケキヨ語らせたらほんのちょっとだけうるさいっすよ。マニアックなほどに詳しいわけじゃないけど。
posted by まる子 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

カラス観察。

最近なんだかボンヤリしがちで「疲れた〜」が口癖になっているまる子ですこんばんは。みのもんたみたいに「寒い」「暑い」「疲れた」を言わない人間ってすごい精神力だなあとしみじみ思うね。俺なんかもうずっと疲れてるよ(笑)。

今日洗濯物を干そうとベランダに出たら、メチャメチャ近くにハシブトガラスを発見した。面白そうなのでしばし観察していると、カラスは急にどこかへ飛び去り、すぐのちに何かをくわえて戻ってきた。ほこりにまみれまくった何か(生き物ではない)を、カラスはしばらくくわえたまま振っていたが(ほこりを払おうとしているらしい)、どうにも絡み付いて取れない。どうするんだろう…と思っていると足元にそれをポトリと置き、くちばしで丁寧にほこりを取り除き始めた。その仕草がなんとも生意気で目が離せなかったですよ。

カラスって頭がよくて、自分に害をなした人間の顔を一発で記憶するらしいですな。しかも結構な確率で報復行動に出ると聞く。カラスを追っ払ったためにしつこい嫌がらせに遭ったという話も何回か聞いたことがある。なので私はカラスに出会うと、カラスの印象に残らないように気をつけるクセがある。血気にはやる若い一時期は戦ってやろうと思ったこともあったが、何せ相手は空を飛ぶ生き物ですからね。勝ち目ねぇなと方針を転換したのだ。だから今日もベランダではものすごく大人しくしてました。呼吸すらあまりしない感じで。

ああ〜ダメだな。文章のキレ悪すぎ。自分が情けない。
posted by まる子 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

マルチタスクな人ばかり。

きのこクリームえびフィレオのCMに出てくるエビちゃんはまっこと可愛らしいんだけど、どことなく往年のIZAMを思い出してしまうまる子ですこんばんは。ポーズとか表情の作り方の方向性が似ているような気がする。IZAMも最初メチャクチャ可愛かったからなあ。今は平田満みたいになってるけど(余談ですが平田満氏のことは大好きです)。

メールを打ちながら歩いていて電柱に衝突した人を目撃した。そんなコントみたいな人って本当にいるんだなあ…とある意味で感心した。私はシングルタスク人間なので『歩きながらメールしよう』と思う人のことをすごいな、と思ってしまうのだ。私は絶対無理だもの。歩いているときは歩くことに集中するので、返信するときは必ず立ち止まるんすよ。というか勝手に足が止まる。傘差しながら自転車に乗ることすらできないからね。でもホント多いっすよね、メールしながら自転車乗る人とか。見てるだけで怖いけども。

頭を洗っていたら髪の毛がめっちゃ抜けたので腰を抜かしそうになった。「えっ!」って言うくらい抜けたもので。そろそろ毛が生え変わる季節なんだろうか。でも秋口はそういうのあるけど、真冬にはないよなあ。野生動物でももうちょい先だろう。体内に異変でも起きているのか。
posted by まる子 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

日常の断片

深夜にやっていたゼブラーマンを何となく最後まで見てしまい、きっちり寝不足のまる子ですこんばんは。メチャメチャ面白かったわけじゃないんだけど、何となく先が気になってしまって。主演の哀川翔氏はいつもと違って気弱で大人しい役を演じていたんだけど、何もしなくても暴力が匂ってくる役者さんだなと再確認しましたよ。

やってましたね『犬神家の一族』。市川崑監督追悼、ということで。どうでもいいと知りつつ、ついついあのシーンを待ってしまいましたよ。「スケキヨッ、仮面を取って顔を見せておやりっ!」と「母さん…スケキヨです」の二つね。私がやるとどうしても高峰三枝子氏のようになってしまうらしいですがね。しかし高峰氏の貫禄はすごかったですな。リメイク版を見て余計にそう感じましたぜ。

なんかさっきからCD等をギッシリ入れている本棚がガタガタガタガタ揺れるんで気になって仕方ない。地震か?とも思うのだが、本棚だけが揺れるのだ。薄ーいポルターガイストかいな。いやだぞ、寝てる間にひっくり返るのとか(俺は自分の部屋で寝ないので咄嗟の対応ができない)。おとなしくしとってくれよ頼むから。
posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

プレゼントはクーポン券。

今日は市長選挙投票日だったので、朝から後援会の電話が結構うるさくて(「ぜひ○○候補にお願いします」的な内容)逆に「絶対その候補には入れてやるものか」と思っていたまる子ですこんばんは。押し付けられたらてこでも動かぬ一面が俺にはあるのですよ。

親父が携帯ショップに行く、というのでなぜか私もくっついていくことになった。初めは電池交換だけにしようと言っていたのだが、色々面倒なので買い換える、ということになった。「お前にも買ってやろうか、昨日誕生日やったし」と言われたのだが、今の携帯にして一年経ってないので、買い替えにもかなりお金がかかると聞きあっさり撤回されてしまった。親父は店員に話を聞いているし、私は店に用はないし、暖房が程よすぎて眠いし…で、店内でボンヤリしていた。

いよいよカウンターで手続き…というときに親父に呼ばれ、どういうわけか私も一緒になって話を聞くハメに。思わず「誕生日やったのになんかいっこも面白いことないなあ」とぼやいてしまったよ。そしたらそれを聞いていた店員さんに割引クーポン券をもらってしまった。嬉しかったけど、なんか私ヤカラみたいやん(苦笑)。

帰宅後、最初は興味ないと言っていたワンセグに親父はきっちりとハマってしまい、ことあるごとにテレビを見て電池切れになっていた。人間、あればあったでそういう機能は使っちゃうもんなんすよねえ。
posted by まる子 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地味バースディ。

家にやってきたセールスレディが必死でうちの戸を開けさせようとするので、絶対開けないぞ!と意地になるのが意外なほど楽しかったまる子ですこんばんは。「パンフレットをお渡ししたいので…」「じゃあ郵便受けに入れて置いてください」「いや、直接お渡ししたいので」「今時間ないんで」「あの、ご説明かたがたお渡しすることになってまして…」「じゃあ説明もパンフレットもいらないのでお引取り下さい」…俺もだんだん図々しくなるなあ(苦笑)。

今日(正確には昨日)は俺の誕生日。メチャメチャカッコいいステキな殿方と一緒にディナーやナイトクルーズを楽しんできました。英字新聞で包んだバラの花束には感激しました!

……なぜか書いてて涙が出てくるのはなぜ?(笑)ていうかね、俺がいかにゴージャスやらセレブやらから遠い生活をしてるかが如実にわかりますね上記の一文を読むと。ボキャブラリーほぼゼロじゃないかよ。本当はブランド名とかダーーっと書きたかったのに、全く出てこねぇんでやんの。もうちょっとちゃんとした文章になるかと思ったんだがカラキシだな(笑)。

実際は一人で餃子食べながらカルピスサワー飲んでました。ラッパが鳴りそうなほど寂しいな全くよぅ(笑)。
posted by まる子 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

楳図かずおの500のこと

ちょっと気になって以前オシャカになったファンヒーターを動かしてみたら、何の問題もなく作動したので拍子抜けしたまる子ですこんばんは。数週間前にうんともすんとも言わなくなったのは何だったんだ。過酷な労働に耐えかねてサボタージュしたのか? まあとにかくちゃんと動くようなのでストーブからファンヒーターにスイッチしようとしたらすっかりストーブ党になってしまった家族から反対されてしまったので、結局ストーブが続投することになったとさ。

昨夜『ガキの使い』でやっていた『楳図かずおの500のこと』は大変興味深かった。いつも思うのだが、ガキの使いって絶対ゲストのイメージ戦略に乗っからないし、接待は一切しないよね。どんなに大物だろうとどんなに無名だろうとスタッフだろうと扱いは一緒。その人物自身の面白さにしか関心を示さない姿勢を貫いていると思う。笑いをとるときに現場での人間関係だとか、芸能界のヒエラルキーに頼らないの。常にフラット。独特の温度の低さの要因はそこにあるのかもしれない。

で、楳図かずお氏に対してもそれは同じで『不世出の才能を持つ漫画家』もしくは『善良だけど空気を読む気のない扱いにくい人』という彼に対する一般的な見解は一切示していなかったように思う。彼もあの番組内では単に『ものすごく面白いオッサン』でしかない。それがあの番組のルールなのだろう。そして誰であろうとルール変更は一切なされないのだ。

そんな構造もさることながら、楳図氏自身のとてつもなさはやはり面白かった。一問一答形式でパーソナルなことに答えてもらい、その回答をレギュラーメンバーが推理するという内容なんだけど、ぜんっぜん予測が立たないのね。回答の傾向が見えない。ざっくり言えばブレまくるんですよ。「漫画家以外になりたかった職業は?」との問いに「やっぱり海賊!」と答えたり、「浜田の第一印象は?」と聞かれて「うーんとね、釣り師」と言い意表をつきまくるかと思えば、「欠かさず見ている番組は?」には「水戸黄門」と答えるし「背中に乗りたい動物は?」と問われると「ラクダ」と即答する。奇妙奇天烈さと凡庸さの間をすごい勢いで行ったり来たりするのだ。

楳図氏は自分をことさらに変人だと見せる気はないのだろう。もし変人だと思われようと計算しているならば「ラクダ」なんてありきたりなことは絶対に言わないはずなのだ。でもだからこそ楳図氏は真の変人なのである。変人の自覚がなく、なおかつ変人でいることに興味を持たないことこそ変人の条件なのだ。生一本で変。それはある種の才能だろう。

普通は個人的な質問にどんどん回答していけば、その人の人となりはごくわずかにでもわかってくると思うのだが、楳図氏はその逆。答えれば答えるほどわからなくなっていく。計算している変人は回答を重ねるほどその変さの方向性を読み取られてしまうもの(それが作った変人の限界なのだろう)だが、真の変人はやはりそうではないのだな、と感じ入った次第である。
posted by まる子 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(2) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

幻想のシーン。

コンタクトを外しているところをたまたま通りがかった父に見られ、「なんや、目玉の皮むいてるんか?」と言われてしまったまる子ですこんばんは。目玉の皮て。気持ちの悪いことを言うんじゃないよまったく。ねえ?

熱い物(煮立ってる鍋とか)にうっかり触れた際に「アチチチ」とか言いながら耳たぶをつまむ人って本当にいるのだろうか。相も変わらず唐突な書き出しですまないが、ふと思ってしまったもので。昔のホームドラマなんかでよくそんなシーンを見た覚えはあるのだけどね。

あれは確か『耳たぶは体のほかの部分よりも冷たく、また鈍感であるため熱くなった指を冷やすのにちょうどいいから』とかいう理由だったと記憶しているのだが、でも耳たぶ以外に冷たい場所なんて2500箇所はあるだろう。それに咄嗟の反応だったら手を振るとかそういう行動に出ると思うんだよな。耳たぶをつまむって相当余裕がないとできない気がする。

結局これも『遅刻寸前でトースト咥えながら家を飛び出す』とかと同種の幻想のシーンなのかもしれんね。現実にやってみたときの違和感、わざとらしさはどっちも同じくらいだし。『レンタルビデオ店(図書館でも可)で偶然同タイミングで同じ商品に手を伸ばしてしまい、手が重なってハッとする』とか『オープンカーのドアを開けず、ひらりと身を翻して降車する』とか『「お母さん、なんか焦げ臭いよ」「ああっ、いっけない、お魚焦がしちゃったー!」のやり取り』とか、『「こいつぅ」と言いながら人差し指で相手のデコを軽く押すアベック』とか…探してみれば幻想のシーンって結構いっぱいあるな。それぞれ最初に思いついたのって誰だろうなあ。ちょっと知りたいな。
posted by まる子 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

また雪。

傷が治りかけて、かさぶたが何の影響もなくペローっと一気にはがれるのがたまらなく気持ちいいとつくづく思うまる子ですこんばんは。「痛いけど、ついはがす」の域からもう少し辛抱して、痛くもなんともない状態にまで持ち込んでからぺろっと。あれほんとたまらないよ。あと、次点は長歩きで足の裏にできたマメを10日くらい待ってはがすの。これもまた爽快。

今日もまた朝から雪が降っていてちょっとビックリした。土曜日にかなりしっかり降ったので、迂闊にも私は勝手にもう降らないものだと思ってたんすよ。そんな決まりはないのに。津軽には七つの雪が降るというのに(←無関係)。そしたら家の前が真っ白だったのでありゃまあと。でも土曜日は一日中降ってたけど、今日は昼頃にはとりあえずやんでくれたからまだマシだったかな。うちの親父は、9時過ぎに家を出て会社に着いたのが昼の1時半だったらしい。途中で帰ろうにも同じようにまた時間がかかるのでにっちもさっちも状態だったそうだ。ちょっと笑ってしまったよ。

おなかの調子を整えるならヨーグルト、とよく巷で言われているが、ヨーグルトを食べるとおなかを壊す私はどうしたらいいのだろうか(笑)。そんなたくさんは食べてないぞ。よく売ってるカップひとつ分くらい。ものすごく久しぶりに正露丸を飲みましたよ。25年ぶり2回目(ちょっと高校野球風に言ってみた)。ヨーグルトは大好きなんだがなあ。
posted by まる子 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

黒ごませんべいにハマる。

昨日書いた雑記をアップしようとしたらエラーが出てすっかり飛んでしまい「ムキーーーッ!」となったまる子ですこんばんは。まあ「ムキーーーッ!」言うほどの内容ではないんですけどね、いつものごとく(笑)。

最近、髭男爵が発するフレーズが耳について離れずに困っている。ネタ自体はそんなに面白いと思ったことはないんですけどね。ただ「実家に借金があるんだ…」「事情が変わった。一体いくらだ。肩代わりしてやろう」「12万」「ガンバレやーい(グラスカチーン)」のネタはなんか好き。12万という数字の不思議なリアリティと、一見大したことはないと感じるけど実際背負うとなったら結構しんどい、という点において絶妙な額だなあと思う。

私は黒ゴマが好きではないので、黒ゴマプリンなどの黒ゴマスイーツは全くと言っていいほど食べない。しかしそんな私がはまってしまった黒ゴマおやつがある。それは『金吾堂黒ごませんべい』。黒ゴマが50%も練り込まれているというのに、黒ゴマ独特の匂いがまったくしなくて(私はあの匂いがダメなのだ)とても香ばしいのだ。また醤油だれが美味しいんですよ。甘からず辛からずで(あ、ダチョウ倶楽部みたいになってしまった)。頂き物なのでどこで売ってるかわかんないんだよな。今度聞いてみよう。
posted by まる子 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

日常の断片

屋根に積もった雪がドッサドサ落ちる音のあまりのうるささに朝早く目を覚ましてしまったまる子ですこんばんは。「何が起きたんや!?」と言いたくなるような重低音でした。どうにかしたいんだけど、屋根の上のことだから落ちるに任せるしかないしねえ。昼前まで断続的にドサドサいうてました。

昔流行った『三年目の浮気』CMにもアレンジされて使われてますが、あの曲のサビの部分って最初は「三年目の浮気くらい大目に見ろよ」と上から物を言っているのに二回目は「三年目の浮気くらい大目に見てよ」とちょっと低姿勢になってるんすね。ヒットしたときにまだ子供だったんでそこまでわかんなかったっすよ。芸が細かいですな。まあ、それだけなんですけどね。余談だけど『ヒロシ&キーボー』ってなんで『キーボー』だったんでしょうね。女性なのに。まるで西川さんみたいじゃないっすか(西川さんはキー坊やけど)。妹分的なポジションの子供扱いで、一人前の女扱いはしてませんよという『ヒロシ』の意思表示みたいなもんなんすかね(笑)。

笑点の座布団はいつになったら10枚になるんだろうなあ。ええとこまで行ってるのに、みなさんわざと歌丸師匠を怒らせるようなことを言ってとり上げられちゃうんだよね。確かに昔は本当に何年かに一度しか達成されてなかったけど、その代り商品は本当にいいものだったように記憶している。今度もいいものなんだろうか。
posted by まる子 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

ちょっと積もったときってどう表現するの?

今日は雪が降っていてあまりに寒く、ストーブのそばからまともに動けない一日だったまる子ですこんばんは。縫い付けられたように暇さえあればじーっとしてました。家族にはデカ猫と呼ばれましたが、ちゃんと家事はやったんだからいいじゃんよ、ねえ?

ところで雪が積もっているのをオノマトペでどう表現したらいいんですかねえ。雪国のようにメートル単位で積もっているんだったら『ドッサリ』とかでもいいような気はするんですが、こっちはそこまで積もってはいないので『ドッサリ』なんていうと雪国のかた達に失礼なような気もしますし。

『ノッサリ』『ムッチリ』『フッサリ』など色んな表現を思いついてみたのですが、どれもイマイチ賛同を得られずでした。もともと私の擬音の表現は変だと言われているので的確なものを生み出せる自信もなかったんだけどね。でもこう、胸の中のマトにスパーンっと刺さる、見事な表現をしてみたいんだよな、一回くらい。「なんてお上手なのかしら」というようなコメントを引き出してみたいじゃないか。しかし、自分で言うといてアレだがいくらなんでも『ムッチリ』はないよなさすがに。
posted by まる子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

塩鮭侮りがたし。

ストーブの給油をしていたらうっかり溢れさせてしまって悔やんでも悔やみきれん心境のまる子ですこんばんは。あふれさせたのは大した量ではないんやけど、灯油が高い昨今、ほんのちょっとでもムダにしたくないのが人情ってもんだよね。しかも一階はまるで灯油の国のように匂いが充満…。いや、私はあの匂い大好きなんで全く苦ではないんですがね。

血圧が高くて困っているというのに父親が「ものすごく塩辛い塩鮭を買ってきてくれ」としつこく言うので、どうなっても知らんぞ、と実際にものすごく辛い塩鮭を買ってきた。焼くと塩がふき出して表面が白くなるくらい塩気が強いやつね。水分がたくさん抜けているのでなんか全体的にタイトだし焼きあがりもかなりドライな感じ。

試しにほんのちょっとだけ食べてみたら「うひゃあ」と言うくらい辛かったっす。マッハの速度でのどが渇くの。そんなんでも親父はご満悦で食べてました。懐かしいなあ言いながらね。とはいってもさすがに半切れだけでしたけども。昔のはほとんどがこの程度の塩加減だったらしい。私はもう御免こうむりたいよ。どのくらい辛いかというと一センチ四方くらいの量でご飯一膳くらい余裕でいける感じ。あの塩分は馬鹿にできないね。どこをどう馬鹿にするかはわからないけども。
posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

何でわかったのかなあ。

鼻炎用の薬を飲むと鼻は楽になるのだけどどうにも眠くってやりきれないまる子ですこんばんは。風邪薬みたいにギューンと眠くはならないんだけど、ふとした瞬間にボーっとしてくる感じ。鼻グズグズをとるか薄ーい眠気をとるか。ちょっとしたジレンマだなあ。

最近はどうも軽い疲れがずっと続いていて、今ひとつキレが悪い毎日を過ごしている。色々鈍ってるんだよなあ。もともと体力ないところに来て年齢のこともあるんだろうな。気持ちもスカッと晴れないんすよ。冬場はどうしたって憂鬱になるもんだから仕方ないけどね。さてどうやってやり過ごすか、ですな。問題は。

郵便局(もうそう言わないんだっけか?)ってすごいなあ。今日はちょっと感心した。今日、またしても誤配があったのだけど(違う町に住んでいる人宛の郵便物が入っていた)「どうしようかなあ…」と考えているときに向こうから受け取りにこられましたよ。こっちは電話も何もしてないのに。しかも配達直後じゃなくて数時間経ってから。どうやって誤配に気づいたんだろう。そしてどうしてここに配達されたってわかったのかなあ。書留とかならともかく、普通郵便ってそこまでフォローされてないはずだよね。ちょっと驚きでした。
posted by まる子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。