2008年02月05日

もうじき1000。

うつみ宮土理氏はなぜあんなに女性として自信満々なのか不思議で仕方ないまる子ですこんばんは。彼女の自己評価の群を抜いた高さはちょっと奇異に映るほどだ。彼女が『絶世の美女』というポジションでメディアの中を生きていた時代があったのだろうか。「私が本気を出せば男はみぃ〜んなイチコロ」だの「私のフェロモンでおちない男はいないのよ」だのネタでなく本気で発言できる不思議。『生涯一ケロンパ』な彼女がちょっとでも自分を客観視したら、あんな風にはシャレでも言えないと思うんだが。あの自信をほんのちょっとだけ分けてほしいものだ。全部はいらんけど。

このブログももうじき1000本目になる。前にやっていたブログとあわせると1000本オーバーだ(エントリを『本』と数えるかどうかわからんけど、とりあえず本で)。よくもまあこんなに含蓄のない話ばかり続けられたものですな。我ながら驚きますよ。日記なんてほとんど書かない人間だったのにねえ。

子供の頃担任の教師が生徒に一冊ずつノートを配り「毎日どんな些細なことでもいいから三つ以上書いて提出するように」なんていうノルマを課していたことがあったのだけど、まともに提出したことすらなかったもんなあ。たぶんあれは教師が受け持ちの児童の悩みやら性格やら人間関係を把握しようとして行なっていたことなんだろうけど、当時の私からしたら知ったこっちゃなかったですからね(笑)。

いまだにそういう傾向はあるけど、子供時代の私は「この人に話しても理解されないな。通じないな。意味ないな」と判断したら必要なこと以外は一切話さなくなる人間だったんすよ。だからノートを渡されても書くことなんか何もなかったのね。担任はまさに「話したところで意味がない」相手だったので。本当に当時のノートを見るとひどいもんですよ(笑)。必ず赤ペンで「三つ以上、毎日書くこと!」って書かれてる。そんな人間が1000本ですからねえ。変われば変わるもんですな。


posted by まる子 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。