2008年03月08日

ひな人形の思い出。

急にほうれん草が食べたくなり、大量に胡麻和えを作ってムッシャムシャ食べていたら、家族から「ポパ子」と呼ばれてしまったまる子ですこんばんは。ポパイの女バージョンでポパ子なのはわかるが、攻めてポパイちゃんとかさ、そういう切り口で取り扱って欲しかったよ。

そういや先日ひな祭りだったんだけど、ひな人形を出さなくなってもう何年になるだろうなあ。いや、もうこの歳で出すのは却って変なのでそれはそれでいいんだけど、小学生のときに二回出してもらった(そのうち一回は買ったときだった)だけってのも何となく寂しいものですな。しかもうちのは七段飾りとかじゃなくて、ケースに入ったかなりシンプルなつくりのもので、出そうと思えばいつでも出せたんだけど、そうはしなかった。何かこう、見たいのに見たくない的な感情があったんですよ。

その人形は子供の頃相当駄々をこねて買ってもらったものなのね。兄にはすでに五月人形があって、私にもひな人形買って欲しいって言ったときの母の返事にショックを受けてその悔しさで駄々をこねたってのもあるんだけどね。母は私に「五月人形一緒に見といたらええやん。あんたの買うのもったいない」と言ったんすよ。それが悔しくってねえ。「私のことはやっぱりどうでもいいんだな!」と泣き叫んだ覚えがある。だから買った方も買ってもらった方も、機嫌よくそうしたわけじゃないのね。双方意地と意地でぶつかったみたいなもんだから。それで何となく出しにくかったのかもしれんね。

でも母にしてみりゃ確かに私はやりにくい子供だっただろうなあ。扱いは兄と平等に…と気をつけているのに、本心では愛情に差があることを見抜かれてことあるごとに指摘されちゃつらかったろうね。


posted by まる子 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。