2008年04月30日

気ぜわしく四月が終わる。

至極でかい茶トラ猫に散歩中の小型犬が喧嘩を売ったのを目撃し、どうなるのか目が離せずしばらく見守ってしまったまる子ですこんばんは。飼い主の人も相手が猫だからと高をくくってちょっとたしなめる程度だったんだけど、犬の方が思い切り返り討ちを食らってました。実は意外に猫は犬に強かったりするんすよ。勝率五割くらいらしい。

まだまだ先だと思っていた旅行だけど、あと数日のところまで迫っている。そろそろ荷造りせんとなあ…と思うんだけど、気乗りしない旅行なんでカバンを見ることさえしない。オフ会だったりしたらめっちゃテキパキできるんですけどね。ペースが当社比20%アップくらいになるんだけど今回はエンジンがカラキシだ。あ、いるものも書き出しておかないとな。えーとなんだっけな。着替え、化粧品、バンテリン、コンタクトケア用品、ちょっとした薬、などなどか…。あとでちゃんとメモっておこう。邪魔くさいこと山の如し。

最近なぜかドライカレー(自己流)にハマり、ちょいちょい作って食べている。カレー粉と玉ねぎとひき肉をガッツリ炒めている瞬間が妙に楽しいのだ。ちょっとバターを利かせたりね。いちいち煮込む必要がないのでラク。明日の昼ご飯もきっとドライカレーだ。レーズンのありがたみがよくわかるのも個人的にグゥである。


posted by まる子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

お姫様みたいだよな。

うちのごく近所にある大企業の支社があることを今日初めて知ったまる子ですこんばんは。「へえ〜、こんなとこにこんな会社があるんや!」って感じでした。まあ、うちの近所は地味に大企業が点在しているんですけどもね。俺には縁がねぇからまあ関係ないっちゃないんだけども(笑)。

腰の調子は薄紙をはがすようによくなっている、ってところでしょうか。前かがみになるのにも支障がない瞬間があったりして「あ、楽だな」と感じることが徐々に増えてきましたし。でもちょっと油断するとものすごく痛くなる。座っているときの姿勢に気をつけないとビキ、と痛みが走るのですよ。土曜日大丈夫かなあ。

今日徹子の部屋を見たら、水谷豊氏と寺脇康文氏が出ていた。宣伝打ちまくりだなあ『相棒』。そんなにじっくりは見てないんだが、寺脇氏は水谷氏がありのままでいられるように心を砕きまくっているような気がした。気遣って、ちょっと笑わせてみたり、話をしやすいようにふってみたり。まるで尽くす騎士と尽くされるお姫様のような雰囲気だったのが面白かったっす(例えが不穏だがそういう表現しか思いつかんかった。あくまでものの例えですんで)。
posted by まる子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常の断片

「これ、ものすごく腰痛に効くぞ」と使用期限が12年も前に切れているシップを父から渡され遠い目をしながら静止してしまったまる子ですこんばんは。いや、私もそんなに厳格な性格じゃない(むしろアバウト千万)けどさ、切れててもせいぜい3ヶ月が限度でしょう(未開封で)。そんな、干支が一周するくらい寝かされたものを渡されてもなあ。

YouTubeで懐かしのCMを見ていて地味なノスタルジーに浸っていたら、偶然布施明氏が歌う『君は薔薇より美しい』に行き当たった。私は「耳の位置がやたらに低い人だなあ」という以外の布施氏への印象がなく、この人の歌をちゃんと聞いたことがなかったんだけど、今更ながら本当に歌上手いっすね。上手い上手いと聞いてはいたけども。歌手の人に「歌が上手い」というのは失礼に当たるらしいのだけど、それを知っていてあえて上手いと言いたい。カンツォーネ的な陽性の奥行きがあるって感じ。しかもまた楽しそうに歌うんすよ。あとでまた聞こう。

自転車屋で新調なり修理なり、とにかく自転車をどうにかしようと思って出向いたら閉まっていた。前日に電話で確認したのになあ。最近自転車屋さんてものすごく流行っている業界でもないだろうから、かなりフリーダムな姿勢で取り組んでらっしゃるお店もあるってことなんだろうか。道楽というか副業的なスタンスでいるというかさ。もちろんトップギアで頑張っているお店もあるでしょうけども。とにかく振り出しだわ。
posted by まる子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

よりによってこんな時にさ…。

腰に墓石が乗っかって「苦し〜〜」と呻いている夢を見たまる子ですこんばんは。寝てるときくらいギックリのつらさを忘れさせてくれよ。

で、そんな状況の中、今度は自転車がパンクしてしまった。タイヤが割れてしまったのだ。ザ・弱り目に祟り目。もう勘弁してくれよほんとにさ。ちょっと前かがみになるのが一番きついのに、自転車屋に自転車押していくなんて行(ぎょう)だよ行。15年くらい乗っててブレーキもダメになってるから買い替え時ではあるんだけどさ。あとで近所の自転車屋さんを探そう。こういうときネットって便利だよね。実際のルートがわかるから。タウンページだと住所と電話番号しか書いてないから、土地勘なかったらどうしようもなくなる。

腰のほうは色々ストレッチとかしてるけれど、ちょっと楽になってもすぐに元通りになる。何かの拍子に『ゴキッ』ってなってたちどころに痛みが引くなんて展開にならんかな。実際に『ゴキッ』っていったら更なる悪化を招くだろうけどさ。言ってみたくもなるよこの痛さだと。地道にストレッチやバンテリンで回復を促そう。それしかないわけだし。
posted by まる子 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

日常の断片

ここ数日、やたらにテレビで水谷豊氏を見かけるせいで、頭の中で『やさしさ紙芝居』がヘビーローテーション化(しかもサビだけ)しているまる子ですこんばんは。しかし宣伝とはいえいいのかなあ。素の水谷さんはつかみ所まったくなしの、ちょっと変わった御仁なのに。人を傷つける方向に行かないのでそれが愛嬌になってはいるけれど。私は個人的に好きです。

腰の調子はまあまあってところ。昨日よりはマシだけど不自由していることに変わりはない。相変わらず前かがみはつらいし、くしゃみをすると「アーイッ!」となってしまう。ちょっとずつでも痛みが消えて欲しいなはやく。ただでさえ動作が鈍いのに作業効率が落ちてしょうがない。バンテリンと鎮痛剤が頼みの綱です。

今日はから揚げを作ったのだが、油を熱している間に(結構時間かかるのよ)色々作業をしているうち、加熱していることを忘れてしまった。思い出して慌てて鶏肉を投入したのだが、ものすごくカラッと揚がって美味しく出来上がってしまった。怪我の功名ってやつか。いや、怪我はしてへんけどね。今度から自分が思っている以上に加熱してから揚げることにしよう。
posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギックラーになった。

昔比較的近所にあった『ボン伍十』という店名をずっと『ボンごじゅう』だと思い込んでいたまる子ですこんばんは。『ボンごとう』なんだそうだ(だそうだってことはないけど)。今はもうありませんけどね。

最近は膝の痛みもほとんどなくなり、それにつれて腰もすごく調子がよく気分のいい日々を過ごしてすっかり油断していた。そこに悪魔の付け入るスキを与えてしまったのかもしれない。今日の朝にやってしまった。とうとうギックラーになってしまったのだ。

朝九時過ぎ、洗濯するため脱衣カゴを持ち上げようとした。ごく普通に直立したまま腰を曲げて取っ手を持とうとしたのだ。するとその瞬間腰に『グギ』と嫌な衝撃が走った。そしてそのまま動けなくなってしまったのである。しかしその体勢でい続けることもできず、私はそのまま床に転がった。そうするしかできなかったのだ。

それから三時間、全く動けない状態に。最初の10分は呼吸するのも苦しかった。しばらくすると多少はマシになったが立ち上がるのなんてとてもじゃないけどできないほど痛い。寝っ転がったままでいるしかないのだ。その間していたことといえばウ〜ウ〜ウ〜ウ〜と薄く威嚇する猫のごとき呻きを漏らすか、「あ〜さっきトイレ行っといて大正解だったな」という頭の悪い安堵感に胸を撫で下ろすかだけであった。

結局昼頃にどうにかだましだまし起き上がり、鎮痛剤を飲んでバンテリンを腰に塗り、その後の用事をどうにかこなした。椅子に座っているとちょっと楽なのだが、いまだに前かがみになることはできない。床に落ちたメモ用紙一枚拾うのにも、膝を揃えてしゃがまないといけない。俺は貴婦人か。貴婦人ちゃうけど。

しかしギックラーになったのが今週でよかったよ。来週末は旅行なんで、一週間遅れだったら旅行不参加になってたとこだった。いや、まあそれは別にいいっちゃいいんだけどさ。でもまあ段取りってもんがあるからね。しかしあと一週間でどうにかなるかなあ。長時間車に乗るんで心配なんだよな。
posted by まる子 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

スカスカな日々。

ある通販サイトで久々に買い物をしようとしたのだけど、ログインパスワードがどうしても思い出せず(普段いくつかのパターンを使い分けているのだけど、どれにも当てはまらなかった)、「そのとき私は何を考えていたんだろう」と自分で自分に疑問を持ったまる子ですこんばんは。結局、個人的にものすごく単純な文字列だったことが判明。あ、でも生年月日とか記念日とかじゃないっすよ。しっかしなんであれを選んだんだろうなあ俺。

某テレショップの番組でマッハ文朱氏と山田隆夫氏が司会進行を勤めていた。その人選に何らかの意図があるような気がしてならないんだけど、穿ちすぎだろうか。全くの偶然であるとするならそれはそれですごいんだけど。昔だんじり祭の中継番組で故・木原光知子氏とピーター氏が司会だったときに感じたのと同質のものを感じざるを得なかったよ。

実は今の時期思い切り四月病で、さっぱりエンジンがかかってないのですよ。だからたぶんこのブログもすごくつまらない出来になってる確信がある(普段からつまらないだろと言う人には食パンに『ごはんですよ』を塗って差し入れするので覚悟するように)んだけど、ここで休むともう絶対再開できないような気がするのですな。なのでエンジンを冷やさぬように毎日書いております。ま、備忘録的な感じで。いっこも備忘にはなってないけども(笑)。
posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

やっぱ捨てらんねぇのよ。

何かの拍子に「おつかれちゃ〜ん」とつぶやいてしまい、「そう言えばインスタントジョンソンて最近見ねぇな」とふいに思ったまる子ですこんばんは。別にファンじゃないんだけどね、実際に「おつかれちゃ〜ん」言うまで忘れてたわけやし。でも別に芸人ブーム(ほんとにそんなのあるのかな)に乗れないほどの瑕疵があるとは思えないんだけど。

夕食を食べている最中(ていうか開始早々)、父の歯が折れた。前歯がパッキーンといってしまったのだ。差し歯なんだけどね。食欲というのは口に突発的なトラブルが起きると失せてしまうものらしく(貝に含まれている砂、卵の殻などをじゃりっとやってしまうと食欲は確かになくなる)、作った夕食のほとんどが残ってしまった。もったいねぇなあと思う気持ちとまあしょうがないよなという気持ちが半々状態のまま、残りを結局私が食べることになった。

「食べ物が残ればそれを食べてしまわず、躊躇なくゴミ箱に捨てなさい。ゴミ箱は決して太りませんから」というセリフを昔どこかで読んだような気はするが(ご想像通り、アメリカ人の発言です)、でもやっぱもったいないよね。食材購入費、作った手間、光熱費等を全部無視するわけだし。ま、そうやってどんどんおばちゃん化していくんだろうな。ステレオタイプな貧乏性なもんで(苦笑)。
posted by まる子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それが通用すると思ったの?

おととい洗濯ばさみを買って補充したところなのに、もうすでに二つも飛ばしてどっかにやってしまったまる子ですこんばんは。ぐっと指でつまむとピンッ!と飛んでいってしまうんだよな勢いよく。私は手がいつも乾いているので滑りやすいのも一因。何かこう、いい対策はないものだろうか。

私はいつも買い物をして会計を済ませた後、レシートチェックをするのだが、二つしか買っていないものを三つカウントされていたので、レジ係の若い女性に「あの、これ(商品を見せ)二つしか買ってないんですけど、三つレジ打ったはりますよ」と穏便に伝えた。すると彼女はレシートと商品を見比べて「あ、そうですね。三つになってしまってますね」とだけ言ってそれきり何もせずに黙ってしまった。私以外にお客さんがいなかったので、二人の間に変な間(ま)ができてしまった。

いや、あのさ。別に報告したかったわけじゃないんですよこっちは。打ち直して返金して欲しいんすよね。私はその対応にビックリして「え、いや、返金して欲しいんですけど」と伝えると彼女が小さく「え〜」と言ったのでもっとビックリしてしまった。異変に気づいた店長が応対してくれて事なきを得ましたけども、まさか「え〜」と言われるとは思わなんだよ。

いや、確かにそんなにでかい額じゃないっすよ。たかが知れてると言ってもいい。でもさ、まさか知らん顔してそれで済まそうとされるなんて予想できないじゃないっすか。店員さんにしてみたら「いちいちそんな額でクレームつけんなよ」ってなもんかもしれないけどさ、でもそれと仕事としての対応とは切り離すべきもんでしょ。たぶん彼女の中で私は『ガタガタうるさい客』と認識されてしまっているだろうな(実際には感情的にはなりませんでしたけどね)。ま、それはそれで別にかまわないっすけどね。
posted by まる子 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

日常の断片

最近やっと、ゆで卵のちょうどよいゆで加減を体得できたまる子ですこんばんは。いつもはゆですぎて黄身が真っ黄色の固ゆで卵か、白身がイマイチ固まりきってない状態か…って感じだったんだけど(程よい半熟はいつもまぐれでできる)、今はほとんど間違いなく半熟で仕上げられるようになりました。方法は、沸騰後3分ゆでてから冷やす。それだけ。黄身にこぼれない程度のとろみがついてるゆで卵ができます。

年配者(高齢女性)へのお土産ってどんなものがいいんすかねえ。私はお土産音痴なので奇抜ではなく平凡でもないという絶妙なチョイスができんのですよ。ぶっ飛んでるかベタ中のベタになるかどちらかになるのね。でも今回はそういうわけにもいかないんだよなあ。ベタオブベタになるけど『おたべ』みたいな郷土の和菓子なんかがやっぱり間違いがないのかな。かさばらないし歯の悪い人でも食べやすいだろうし。食べ物じゃなく置き物系ってのも考えたんだけど、その人は目が御不自由なのでそれはいかんな、と。ちょっと考えておこう。

ワイドテレビになってしばらく経つが、いまだに画面モードがイマイチ把握できていない。セルフワイドだのフルだのズームだの言われても…。ポチポチ切り替えてみて一番しっくり来るものにしてはいるんだけども、番組ごとに一番ふさわしいモードが違うんですよね。統一化されてないから、チャンネルかえるごとに戸惑うのですよ。しばらくモヤモヤしそうだなあ。
posted by まる子 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ぜんざいとしるこを分ける基準。

土曜深夜にすべらない話をやっていて「最近はパワーダウンしてるよなあ」などと偉そうに思っていたけど、小藪千豊氏の『街の紳士服屋で作った略礼服を妹の結婚式場で初めて試着したら上はまともなのに下がなぜか半ズボンになっていた』のエピソードに声出して笑ってしまったまる子ですこんばんは。ちょっと裾が長すぎた(短すぎた)ってんならわかるけど、何で膝のとこでスッパリやっちゃったんでしょうね。

『ぜんざい』と『おしるこ』の判別基準ってなんなんだろう。小豆の粒が残っているのがぜんざいで、こしあんのように滑らかなのがおしるこ、というのが一応のざっくりした基準なんだろうけど、『粒が残ってはいるが、汁に粘り気がなくさらっさらのもの』となるとちょっと話がややこしくなる。どうも単なる粒の有無のみではなく、汁の粘り気も判断の決め手にカウントされているようなのだ。

「粒があるんだもの、これはぜんざいでしょう」と言う人もいれば「とろっとしてないからお汁粉だよ」と考える人もいる。なかには「粒はあるけどさらっとしているのは田舎汁粉、こしあんベースのものは御膳汁粉」などとやたらに細分化している人もいる。別に厳格に分けなくとも誰も実害を被らないし『ぜんざい』という名前にも『しるこ』という名前にもマイナスイメージはないので、どっちがどうだからといって足を引っ張ることもないせいか、どうも曖昧なまま時を重ねているような気がする。ま、美味けりゃいい、ってことでしょうか(笑)。

ちなみに私はアンコの状態だったら断然こしあん派なのですが、ぜんざいかしるこかと言われるとおぜんざいに軍配をあげちゃうんですなあ。今度作ってみようかな。時間かかるだけで意外に簡単だし。
posted by まる子 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

くいだおれにまつわるブルートーク。

『ハンカチ王子』と『ハニカミ王子』が口の中でブレンドされてしまい『ハチカニ王子』みたいな変な発言になってしまったまる子ですこんばんは。『蜂蟹王子』なのか『八蟹王子』なのか『八課に王子』なのか。本来言いたかったのは「ハンカチ王子って頑張ってんのかね」というたわいのなさ過ぎる疑問でした。

7月にくいだおれが閉店になるということだが、私は子供の頃からあの人形(くいだおれ太郎)を見るとチャーリー浜を思い出してしまう。彼が『浜裕二』と名乗っていた頃からそうなのだ。私は直接くいだおれに行ったことはないが、CMに関しては思い出がある。母方の祖母と初めて喋ったのがこのくいだおれのCMについてだったのだ。

当時私は5歳で大阪に住んでおり、母はいわゆる独居老人状態だった祖母のところに時たま通って身の回りの世話をしていた。生い立ちゆえか母は祖母のことを(ひいては自分の実家を)疎ましく思っていたようで、祖母に会いに行くときはいつも非常に不機嫌だったのを覚えている。私は母親の機嫌が悪くなるので正直祖母の家に行きたいとは思わずいつも渋々ついていっていた。

家に着くとほぼ寝たきりだった祖母がテレビを見ており、私はその横に座って一緒にテレビを見ていた。母はとっとと用事を済ませてとっとと帰りたかったらしく、火の玉のようになって掃除を始めるので私は話しかけることもできず(話しかけたら怒られる)、ただ邪魔にならぬようじっとしていることしかできなかった。

そんなときテレビにくいだおれのCMが流れたのだ。私はくいだおれの存在を初めて知り、隣にいた祖母に「なんでくいだおれって『くいだおれ』って名前なん?」と尋ねた。すると祖母は「あそこの料理には毒が入っててな、食べたら客がみーんな倒れはんねん。そやから『くいだおれ』っていうんやで」と答えた。もちろん祖母は冗談でそう言ったのだ。

すると今まで掃除に没頭していた母が目を吊り上げて「子供にそんな嘘教えんといてっ! あんたもそんなん信じるんやないわ!」と金切り声を上げ手にしていた雑巾を祖母に向かって投げつけてきた。私は別に信じるとは言ってなかったのだが、そのあまりの剣幕にすくみあがってしまった。母の心にある暗い部分を覗いたような気がしたのも事実だ。そして自分の胸の奥にこの一件をしまいこんだ。母は子供の前でむき出しの自分をさらすことを嫌い、そしてうっかりさらすことがあってもそのことを指摘されることを許さない人だったからだ。

そんなわけで私はくいだおれ太郎を見たり、くいだおれと聞くとちょっと複雑な気分になるのだ。
posted by まる子 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

マコちゃんのリップクリーム

昨年の祖母の葬儀の際に撮影した集合写真をやっと現像して(出すの遅いぞ親父)確認したら、私の顔だけが白浮きしていて「うっひゃあ」となったまる子ですこんばんは。これ焼き増しして親族に配るんでしょ?俺の顔だけ消してくれんかね…と本気で思ったよ。しっかし加齢でだいぶ黒くなったと思ったんだけどなあ。ファンデーションを暗くしようかな。

尾玉なみえの『マコちゃんのリップクリーム』。二回読んだけどやっぱり面白い。この人の言語感覚のセンス、キレの良さには感服する。
強盗に入る兄弟の名前が『革棒(れざぼう)兄弟』だったり、魔法のリップクリームを使う際の呪文が『リップバンバンウィンクル』だったり(ネタ元が原作小説そのものなのか『野獣死すべし』からなのかはわからないけど)、知らなくても通り過ぎることはできるけど知ってたらニヤッとできるんだよね。

絵柄もキュートなんだけどどこかダサめにずれているし、作品自体もサディスティックな毒があるのに間が抜けている感じがたまらない。この作者はどうも心にふっかーい闇と人間不信を抱いている印象はあるけどね。出てくる人出てくる人みんなおちょくってるというか、人の悪いとこしか見てないようなフシがあるんですよ。それでまた適度に下品。それがテンポよくギャグに昇華されている。これは続きがあるそうなので続刊を待ちたいっす。
posted by まる子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(マンガ含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

検索ワードを調べると。

今日たまたま見たふっるーい邦画で高倉健(めっちゃ若い)が「この女は人の皮をかぶった猫だ!」と相手のひどさを罵倒するシーンがあり「いや、それだとそんなに悪人の印象ないぞ」と思ってしまったまる子ですこんばんは。猫、の部分を何かと聞き違えてるかもしれませんが、もし猫と言っているのなら伝わりにくいなあと。『基本ぐうたらで気まぐれで美味いもの好きでよく寝る』程度の印象しか与えないと思うんすよね。

アクセス解析を見たら『ぬる坊』でこちらにたどり着かれている方がものすごく多くてビックリした。結構な注目を浴びてたんですねえ『ぬる坊』。たぶんゆくゆくは着ぐるみとかもできると思うんですが(頭身の調整難しそうだね)、表面はやはりぬるぬるした素材で作って欲しいなあと思ったりする(←未練がましい)。手触りだけね。手が汚れるのはNG。

カラスが集まる家は没落する、とかなんとか聞いたことがあるが、最近我が家の窓のところによくカラスがとまる(といっても一羽だけど)ので「いやだなあ。ゲン悪いよ」と思わず眉間にしわが寄る日々を送っていた。今日なんか玄関掃除している最中にやってきたので「なんと大胆な」と度肝を抜かれたのだが、よく観察してみると、お向かいさんが外に出している金魚を狙っていただけだと判明。なんだそういうことかと安心した次第。まあ、没落するほど栄華なんか極めちゃおらんわけだけどね。

『マコちゃんのリップクリーム』の話は後日にでも。今日はなんか文章がまとまらない。
posted by まる子 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

断然ぬる坊。

尾玉なみえ氏の『マコちゃんのリップクリーム(1)』をいましがた読み終わって、まだ笑いの余韻が残っているまる子ですこんばんは。尾玉さん好きだわ俺。マンガの感想は明日にでも。

平城京遷都1300年記念マスコットの名前決定、その名も『せんとくん』というニュースに「ああやっぱりな…」と予想通りにガッカリした。こう言っちゃ失礼だが結局つまんないところに落ち着きましたね。せっかくあれだけアバンギャルド指数の高い外見なんだから、もっとトリッキーな名前にしたらよかったのに。

『せんとくん』て2〜3人で1時間も話し合えば決まる名ですよ。何でわざわざ公募にするんかな。あれなんですかね、権利関係とか責任の所在とか何かが派生するとき(メチャメチャあやふやなことを言うてる自信あり)に公募で決めといたほうが都合がいいんですかね。私は断然『ぬる坊』派。テリー伊藤氏は好きじゃないけど、これに関しては全面支持。

『ぬる坊』いいじゃんねえ。適度に不気味で言いやすくて覚えやすいし。私は心の中だけでこれからも『ぬる坊』と呼ぶことにするよ。
posted by まる子 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

日常の断片

テレビのデジタル放送に慣れてしまい、アナログ放送をほとんど見なくなってしまったまる子ですこんばんは。最初は映りゃあいいと思ってたんだけど、やっぱり人ってのはええもんええもんに手が伸びるんすね。画質のいい方をついつい選んでしまいますよ。現在アナログで見てるのは『ケータイ捜査官7』くらいかな。まだデジタル放送が受信できないんですよ。

GWは五月に入ってからちょっと旅行(法事や見合いではない)に行くことになりそうな気配だ。といっても二泊三日くらいなんですが。行き先は北陸のある都市。実はあんまり気乗りしないんですけどね。一回しか行ったことないし、どこで何をしていいのか土地勘ゼロなもんでひとつもわからんのですよ。しかも一人で自由行動はどうやらできない模様でして…。う〜ん、本当に行っていいのかどうか今もって判断つかねぇなあ。「行けばいいことがあるらしい」のだけども。

浅見千代子ちゃん、とうとう映画主演だそうですね。どうも内容は企画モノっぽいですけども。しっかし映画ですか。バラエティ番組にたまに出るだけのエキストラだったはずなのに。その域を出ることはないと勝手に思っていただけに本気でちょっとビックりだ。何も語らずそのまなざしだけで存在感を増していく、驚異的なオバちゃんですなまったく。メディアの前ではけして喋らないという、キャラ管理の徹底ぶりも素晴らしいし。彼女の声を聞く日はおそらく来ないだろうね。来て欲しいとも思わないし。いやむしろその日がずっと来ないことを願ってしまうよ俺は。無言のプロでいて欲しい。
posted by まる子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

わがまま脳。

チャーハンを「焼き飯」と呼んだら「きょうび焼き飯て」と理不尽なツッコミを受けたまる子ですこんばんは。こうなったら意地だ。焼き飯、とっくりセーター、コール天、チョッキ上等の精神で生きていくよ。ベルトはもちろんバンドだ。

私は昔から歴史に疎い。学校の成績もあまりよくなかったし(武帝と光武帝を同一人物だと思ってたくらいだ)、出来事を時間軸に沿って話すのも不得手である。出来事に興味はあるが、日付に興味がないのだ。よく「女性は記念日を一つ一つきちんと覚えている」と言われるが、たぶん私は例外になると思う。母親の命日だって日付はさすがに覚えているが平成何年のこと?と聞かれると咄嗟に思い出せない。

しかも覚えている出来事も、強く感情が動いたことだけしか覚えてないのである。重要なことでも興味がわかないと覚えられない。だからそういうことはメモを取って対応はしているが、自分の脳の子供っぽさにちょっとしっかりせぇよと言いたくなる。必要な事柄からスパスパと脳に格納していく効率のいい人もちゃんといるものね。

つまり私の脳は相当わがままで偏食だってことなのだろう。覚える対象についてのえり好みが激しい。今日、過去に自分の身に起こったことを時間軸に沿って過不足なく記憶し、また説明できる人と話すことがあったので感服してしまい、それを留めるために今日はこんなエントリになりました。
posted by まる子 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常の断片

夢の中で「ラーメンを作ってくれ」と頼まれ作って出したら「やっぱりうどんが食いたい。うどんを作ってくれ」と言われムッカムカしながら目を覚ましたまる子ですこんばんは。両方喰え両方。

それほど早い時間ではなかったが、朝に間違い電話がかかってきた。どこかの学校(実はそこそこ有名校)と間違えたらしい。「違います」と答えると、慌てたのか言ったその瞬間に電話が切られた。すみませんくらい言えよなあ。結構頻繁に間違い電話がかかってくるせいなのかなんなのか、私は間違い電話自体には相当寛大な性格である。間違い電話に限らず、ミスすることはしょうがないことだと思っているので別に何とも思わないのだ。しかし謝罪がないとちょっと心に波風が立つ。「ごめん」のひと言でいいんだけどな。

私はあまり季節の野菜とかに興味がないんだけど、最近はよくフキを買ってきて煮物にしている。フキの苦味がちょっとクセになるんだよね。ふきのとうはさすがにまだ食べられないけども。我が家ではあまりじっくり煮含めずに、サッと煮るだけにしている。緑色がキープされるし、歯ごたえもシャキシャキしてなかなか美味しいんですよ。フキがダメな人はたぶん無理だろうけど、お好きな方は是非一度お試しを。
posted by まる子 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

あらびき団

字幕放送で『さんまのまんま』を見ていたら、さんま氏独特の引き笑いを「ファーッ!」と表現していてなるほど、と思ったまる子ですこんばんは。字幕ってそこまで詳細に表示するんですな。

数日前だが『あらびき団SP』を見た。私が希望していた芸人さんは全員出演されていてさすがだと思わされました(何に対してだ)。しっかしふとっちょカウボーイが頭脳プレーを見せてくれるとは思わなかったよ。私はてっきりいつものごとく舞台袖の方から「ハェ〜イ!」と大の字立ち(としか表現できん)で飛び出してくると思ってたからねえ。ゴソゴソ揺れるダンボールに注目させて別の場所から出てくるとは。あのあとのさばき方はちょっとムカついたけど。そして肝心の本ネタは相変わらずスッカスカだったけど(笑)。

あと、風船太郎さん。彼は本当に成功させる気があるのか疑問に感じてきたよ(笑)。回を追うごとに風船の割り方が派手になっていくんだもの。今回なんか全身で突き破るがごとき結末を迎えてましたし。失敗するのも含めて芸なのかなあ…とちょっと本気で思うちょります。どこまで引っ張れるのか見ものっすね。

ただなあ…ゲストの存在がちょっとね。スペシャルってどうしても趣向を凝らすからその一環としてゲストを出したくなるんだろうし、スポンサーさんやら番宣やらの絡みで通常通りの構成にはできないんだろうね。ライト東野氏のボソボソ吐かれる毒は鈍ってなかったのでその辺は安心でしたけども。東野氏は「自分は大物には媚びへつらう人間」であることを標榜する割りに、その媚び方には絶対に意地の悪い半笑い気味の毒が混じっているんだよなあ。しかも番組の構造まで見抜いててそこをチクチク批判したりするのが面白い。突き抜けた人望のなさが芸にまで達している珍しい人だと思う。好きな芸人さんではないけどね。

あと、レフト藤井氏は椅子から転がりすぎだ。藤井氏は意外にもゲラの芸風を持っていて、しかも笑うと力が抜けるらしく、よくフレームから消えている。笑いたい気持ちはわかるんだけどね。笑わせられるというよりも、もう笑うしかないだろこんなのっていう芸人目白押しの番組だし。でも変に体裁を整えようとせず突き進んで欲しいなあ。
posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

埋めぐさです。

さっきまで書いていたエントリが、どこかのキーをうっかり叩いただけでぶっ飛んでしまって茫然自失のまる子ですこんばんは。八割がたできていたのに、呆気にとられまくってます。

最近リンスをしてないので、髪がちょっとばさついてしまう。ちゃんと頭を洗ってから体を洗っているのに、背中とかがイライラ痒かったんですよ。それでふとリンスをやめてみたらスッキリ治ったのでなかなかリンスを再開できずにいるのです。今はどうも時期的に全身が敏感になっているらしく、肌も荒れやすいし喉やら鼻の粘膜も過敏になっている。たぶんその関係でリンスがあわなくなってるのだろうと推測している。だって今まで平気だったからねえ。髪の毛切っといてよかったっすよほんとに。

あ〜、今日は昨日見た『あらびき団』のことを書いてたんだけどなあ。ぶっ飛んじゃったのでモチベーションが目減りしてしまいました。そのネタは明日にでも。今日は埋めぐさみたいなエントリですみませぬ。全部埋めぐさだろって言う人には私の人生を詳細に語って聞かせる仕返しをいたしますのでご了承ください。退屈だぞ〜、俺の一代記は(笑)。
posted by まる子 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。