2008年04月26日

日常の断片

ここ数日、やたらにテレビで水谷豊氏を見かけるせいで、頭の中で『やさしさ紙芝居』がヘビーローテーション化(しかもサビだけ)しているまる子ですこんばんは。しかし宣伝とはいえいいのかなあ。素の水谷さんはつかみ所まったくなしの、ちょっと変わった御仁なのに。人を傷つける方向に行かないのでそれが愛嬌になってはいるけれど。私は個人的に好きです。

腰の調子はまあまあってところ。昨日よりはマシだけど不自由していることに変わりはない。相変わらず前かがみはつらいし、くしゃみをすると「アーイッ!」となってしまう。ちょっとずつでも痛みが消えて欲しいなはやく。ただでさえ動作が鈍いのに作業効率が落ちてしょうがない。バンテリンと鎮痛剤が頼みの綱です。

今日はから揚げを作ったのだが、油を熱している間に(結構時間かかるのよ)色々作業をしているうち、加熱していることを忘れてしまった。思い出して慌てて鶏肉を投入したのだが、ものすごくカラッと揚がって美味しく出来上がってしまった。怪我の功名ってやつか。いや、怪我はしてへんけどね。今度から自分が思っている以上に加熱してから揚げることにしよう。


posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギックラーになった。

昔比較的近所にあった『ボン伍十』という店名をずっと『ボンごじゅう』だと思い込んでいたまる子ですこんばんは。『ボンごとう』なんだそうだ(だそうだってことはないけど)。今はもうありませんけどね。

最近は膝の痛みもほとんどなくなり、それにつれて腰もすごく調子がよく気分のいい日々を過ごしてすっかり油断していた。そこに悪魔の付け入るスキを与えてしまったのかもしれない。今日の朝にやってしまった。とうとうギックラーになってしまったのだ。

朝九時過ぎ、洗濯するため脱衣カゴを持ち上げようとした。ごく普通に直立したまま腰を曲げて取っ手を持とうとしたのだ。するとその瞬間腰に『グギ』と嫌な衝撃が走った。そしてそのまま動けなくなってしまったのである。しかしその体勢でい続けることもできず、私はそのまま床に転がった。そうするしかできなかったのだ。

それから三時間、全く動けない状態に。最初の10分は呼吸するのも苦しかった。しばらくすると多少はマシになったが立ち上がるのなんてとてもじゃないけどできないほど痛い。寝っ転がったままでいるしかないのだ。その間していたことといえばウ〜ウ〜ウ〜ウ〜と薄く威嚇する猫のごとき呻きを漏らすか、「あ〜さっきトイレ行っといて大正解だったな」という頭の悪い安堵感に胸を撫で下ろすかだけであった。

結局昼頃にどうにかだましだまし起き上がり、鎮痛剤を飲んでバンテリンを腰に塗り、その後の用事をどうにかこなした。椅子に座っているとちょっと楽なのだが、いまだに前かがみになることはできない。床に落ちたメモ用紙一枚拾うのにも、膝を揃えてしゃがまないといけない。俺は貴婦人か。貴婦人ちゃうけど。

しかしギックラーになったのが今週でよかったよ。来週末は旅行なんで、一週間遅れだったら旅行不参加になってたとこだった。いや、まあそれは別にいいっちゃいいんだけどさ。でもまあ段取りってもんがあるからね。しかしあと一週間でどうにかなるかなあ。長時間車に乗るんで心配なんだよな。
posted by まる子 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。