2008年06月30日

日常の断片

Perfumeの曲を聴いていると、時々セラニポージを思い出して懐かしくなってしまうまる子ですこんばんは。セラニポージ好きだったなあ。ゆきちさんがボーカルを務めていたときの方がどっちかというと好き。

オダギリジョーから電話がかかっているよ、と呼び出される夢を見た。何でオダギリジョーが?何の用事もなかろうに。別にファンだとも言ってないし…と盛大に首をかしげながら電話に出たら相手はオダギリジョーではなく、小野寺昭だった。最初の『お』しか合うてへんやんか。しかも殿下(『殿下』というニックネームを知っている時点でトシばれますが)て。ビックリしすぎて電話の内容は覚えてません。大した会話はしてないはず。

つかず離れずでそれなりに親しくさせていただいているご近所の人が倒れてしまったらしい。私が出かけている間の出来事で、その人は救急車で搬送されていったそうだ。心配だな。元気になって欲しいなあ。


posted by まる子 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

片付きが悪い。

最初に聴いたときはなんとも思わなかったのに、最近エリック・クラプトンのティアーズ・イン・ヘヴンを聴くと泣けて泣けて仕方ないまる子ですこんばんは。この曲のバックボーンを知ったからというわけでもないんすよ(それは最初に知っていた)。ただただ喪失の痛みに悲しんでいるわけではないところが余計に泣かせるんですよね。

毎日毎日繰り返しているので半ば麻痺しているのかあまりなんとも思わずにいたけれど、つくづく考えてみるに、毎日夕食(ていうか晩御飯)に3時間かかるってやっぱ変だよな。実際に食べている時間は2時間くらいかな。いや、私が食べているわけではなく食べているのは親父なんですが、もう本当に毎日毎日ダラダラダラダラ食べるわけですよ。これがすごい大食いで休まず食べて2時間かかるなら私もなんとも思わないんだけど、何回も途中で箸をおいてジーーッとテレビを見てたり(30分くらい見ている)するんで所要時間のほとんどはただのロスなわけですね。

テレビを見たいなら食べ終わってからゆっくり見てくれ、片付かないからとたまに言っても「こうやって食事を広げたままボーっと見ているのが楽しい」と言って直す気配なし。というか人の意見を聞かないことが趣味なので最初から期待はしとらんわけですが。だけどイライラする日はあるということで。
posted by まる子 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

二つ返事…?

ウィンブルドンテニスの中継をついつい見てしまって寝不足気味のまる子ですこんばんは。スポーツに興味なしのすけなのになぜかテニス観戦は好きなんだよなあ。身近にテニスをたしなむ人なんかこれっぽっちもいやしないのに(笑)。

すぐに了承することを指して『二つ返事で引き受ける』という言葉があるがこの『二つ返事』ってのは一体何と何で二つなんだろう、と常々思っていた。「ああ、はい」なのか「はい、わかりました」なのか。絶対に一つではないはずなのだ。それでちょいちょい、と調べてみたところ「はいはい」で二つ、ってことらしい。でも待てよ。確か返事をする際には「はいはい」は禁句、いやいや応じているように見えると言われていたんじゃなかったのか。「返事は一つ!」なんてセリフはすでに上役の常套句と言ってもいい。

ということは『二つ返事』というのは即座に承諾していることを指すことにはならないんじゃないか。それともその言葉が出来た時代は「はいはい」と返事をすることが失礼には当たらなかったということなのだろうか。言葉は出来たが習慣が変化してしまい、結局ズレが生じているのかもしれない。個人的には『二つ返事』より『一つ返事(そんな言葉はないけど)』の方がより快諾指数が高いような気がするのだ。だからと言って『一つ返事』という言葉をを使おうという気はないけどもね。それはそれ、これはこれだ。
posted by まる子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大変だなあ。

最近暑いせいか、気をつけていてもゴキのブリが出てくることに悩まされ、おまけにそいつらが出てくるたびに家族から駆除に駆りだされるのにもちょっと困っているまる子ですこんばんは。私以外、みんなゴキのブリを怖がるんだよなあ。

兄が仕事の関係で近々引っ越すことになり、ちょっとビックリ。しかもかなりの遠隔地なのだ。どうすんだ。物件見に行く余裕ないと思うぞ。こっちはこっちで家の固定経費とか見直さねばならない状況になってしまい、ちょっと色々唸らされることになりそうだ。しかしそれにしても急すぎだ。隣県とかならともかくさあ。

まあ、あんまり焦らんと準備していってくれとしか言えんな。残された時間自体は短いけどさ。俺ももうちょっと自分のことを見直さんといかんな。この世に生まれた以上、どうにか生きなくちゃならんし。
posted by まる子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

日常の断片

なぜか夜中に全裸で焼肉のタレを買いにいくハメになる夢を見たまる子ですこんばんは。なんのこっちゃ全くわからないよ俺は。せめてバスタオル一枚あれば状況も変わるんだけどね(←そういう問題ではない)。現実での私は部屋着でごみ出しに行くのにも若干躊躇する人間です。行くけどね。

北野天満宮で撫で牛の首が落とされる事件があった。熊野古道でも水掛不動尊でも同じような事件があったけど、罰当たりなことをする人がいるもんだよなあ本当に。信心深くない私でも北野天満宮には受験前に行ったことがあり、しかもそこで大阪で暮らしていたとき隣に住んでらした人と思いもよらぬ再会を果たしたので実に思い出深い場所なのだ。個人的な思い出はまあさておくとしても、こういうのって本当にいやな気持ちになるよね。上手く言葉で言い表せない不快感を覚えます。

髪の長さが中途半端なためか、シャンプーするとき、ポンプワンプッシュでは足りなく、ツープッシュだと使いすぎになってしまって困っている。足りないよりはましかと思ってツープッシュにしてたんだけど、でもやっぱりすすぎが大変だし不経済だよな、と思って何となく納得できない日々だ。なのでワンプッシュした上に、ポンプをちょっとだけ押すという、せこい微調整に走ってみようかなどと画策中。ちなみにリンスはワンプッシュで大丈夫。
posted by まる子 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

のし泳ぎだけ。

いつも玄関先でダラーッとダルダルな寝姿しか披露していない近所の柴犬が、なぜか大はしゃぎでピョンピョン飛び跳ねているのを目撃し「ひょっとして何かの前兆か?」と一瞬本気で思ったまる子ですこんばんは。実際は散歩の直前だったらしく、奥からリードを持ってきた飼い主さんの姿にテンションが上がっていただけでした。

父方の親戚の人と電話でちょっと話す機会があり、話しているうちなぜか水泳の話題になった。何でもその親戚曰く「うちの血筋にカナヅチは一人もいない!」とのこと。だが私は真性のカナヅチである。母親がカナヅチだったのでそっちの血を受け継いだのだと思うが(兄は水泳が得意)、本当に子供のころからどれだけ練習しても水泳が身につかなかったし、そもそも泳ぐことに関心が持てない人間なのである。もうたぶん緊急事態でもない限り、自分の意思で泳ぐことは一生ないと思う。

しかし、そんな私だが、なぜかのし泳ぎだけはできるのである。たぶんのし泳ぎって色んな泳法の中でも一番簡単だと思う。私が泳げるんだから。高校時代水泳の授業であまりにも泳ぐのがめんどくさいんで、何となく楽な泳ぎ方を我流で行なっていたところ、体育の先生に「古式泳法するなっ!!」とものすごい勢いで怒鳴られたのも懐かしい思い出である。そのとき初めて『のし泳ぎ』という名前を知ったのだ。しかしあれは本当にラク。きっと水難事故に遭ってものし泳ぎすると思うなあ俺。
posted by まる子 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

うるさい人だったよね。

昨日ガキ使に出ていた和田アキ子氏の「早かったよ。15歳。公園」というセリフが耳にこびりついて離れないまる子ですこんばんは。知りたくなんかないよって事柄ほど頭に焼きつくとは、脳というのは皮肉なものですな本当に。

テレビ界ではたまに『あの人は今』的な企画の番組を放送することがある。最近はそうでもないが、数年前までは本当に頻繁に見かけていた。『この人は誰?』というクイズ形式になっていたり、最近の動向を追いかけたり、そんなに懐かしがらせたいのかと言いたくなるくらいマメに放送していたものだ。

あれに出る人っていうのは本当の意味で消えた人ではない。消えてしまった人はそういう話題にすら上らないのだ。実際その手の番組に出演されていた人は近々再デビューするだの、子供が芸能界に入っただの何らかの事情を持っていて、結局そのためのプロモーションだったりすることが多かったし。出演することで何かが派生するというカラクリがあからさまになり出してからあの手の番組は消えていったような気がする。

それに最近、懐かしがるという現象すらなかなか起きなくなっているような気もするし。過去に売れていて今売れていない人に対して「今何してんのかな」とすら思わないというか。もう思い出すという行為さえ行なわれない。関心が薄れるとともに記憶も消える。そういう意味では本当に『消えて』しまうわけだね。

で、私が何でこんなことをグダグダ書いているかというと、夏木ゆたかは今何やってるんだろう、と思ったからである。ほんと唐突に消えたよねえあの人。
posted by まる子 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

まさかそうくるとは。

ビールのCMで熱血演技指導を行なっている蜷川幸雄氏がテリー伊藤氏に見えて仕方ないまる子ですこんばんは。あの声の張り上げ方も声質も佇まいも何となく似てる気がするんですよね。「泣くんだよぉっ!」なんかそっくりだ。

自販機で煙草を買っていたら、酔っ払った年配の男性に「おう、姉ちゃん、そのカード(タスポ)貸せや」といきなり偉そうに言われてしまった。こういう些細な頼みごとの場合、私はほぼ間違いなく相手の態度でこちらの対応を決める習慣がある(「ものすごく怖い人に言われたらどうだ?」と聞かれそうだけどそういうときはそもそもその場に近づかない)。

もしも相手の人が「あ、ちょっとすまないんやけどカード持ってないから、そのカードここにかざしてくれるかな」とか何とかそういう風に頼んできていたら私は普通に機嫌よく「はいどうぞ」となるんだけど、あんな風に「俺に貸すのが当然。さっさと出せよ」な態度でこられるとこっちも意地になってしまう。だから普通に「イヤですよ」と答えてその場を去ったのだけど、まさか追いかけてきて後頭部をはたかれるとは思わなかったなあ。ビックリしたよ。そこは行きつけのタバコ屋さんだったので、私と顔見知りの店主のおっちゃんがその男性を怒鳴りつけて収拾してくれましたけど。やれやれとんだ災難に遭ったわい。
posted by まる子 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

日常の断片

『ケータイ捜査官』をつい『ケータイ刑事(デカ)』と言ってしまうまる子ですこんばんは。違う番組になってしまうから要注意っすな。ちなみに『ケータイ刑事』も私は好きです。

今日渡辺徹氏が言っていたのだけど、故・石原裕次郎氏のご自宅、電気代だけで月額400万円だったそうです。どうやったらそんなに電気使えるんでしょうね。つましい我が家ではそれだけ使おうったって使えませんぜ。せいぜい数十万てとこでしょうか。つくづく大スターってのはどてらいなと思わされました。今だったら環境に厳しすぎ、と批判の的になりそうですけども。

ここ数日湿気がひどくて、ふすまやら障子がぶよんぶよんになっております(笑)。ティッシュもすごい柔らかいの。ただねえ…髪の毛が。もうバッハみたいになってますよ。ウネウネでね。参りますよほんとに。
posted by まる子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

そりゃ暑いわ。

朝テレビをチラ見しながら用事をしていたら、レスラーのラッシャー木村氏のマイクパフォーマンス特集というのをやっていて、その中で木村氏が連呼していた「渕〜、渕〜」という呼びかけが頭に焼き付いているまる子ですこんばんは。私はよく知らないレスラーなんですが、渕さんやたらに独身であることをいじられていました。

昨夜はあまりにも蒸し暑くて、兄が寝る前にエアコンを入れた。クーラーつけないとまともに眠れん!ということだったらしいのだけど、兄の見落としにより、冷房ではなく暖房を入れてしまっていた。最初は気づかなくて「全然涼しくならないなあ」と思っていたのだけど、だんだん息苦しくなるわ汗はダラダラ出てくるわ、しまいにゃ頭痛までし始めてですね、そこでやっとおかしいなとなったわけです。

父も兄もそのときすでに寝ていたんだけども、ごろんごろん寝返りは打つし、うめき声まで上げていてまっこと寝苦しそうでした。そりゃ当然ですな。朝にそのことを告げると「何でお前がちゃんと切り替えておかないんだ!」と過不足ない逆ギレを頂きました(笑)。「言われんでも切り替えとるわ」と忘れずに言い返しておきましたけどね。

しっかし、こんな安いコントみたいなことって起きるんだなあ。大滝秀治さんのこと笑えないね(大滝氏は夏場の稽古場で冷房と誤って暖房をつけてしまい、暑さのあまり失神する役者を続出させた経験あり)。
posted by まる子 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

板をどけてまで入りたかったのか。

昨夜NHKでやっていたタテゴトアザラシを見に行くエコツアーの番組に思わず釘づけになってしまったまる子ですこんばんは。とにかくアザラシが可愛いんですよ。天敵が少ないから流氷の上で出産するんだけど、真っ白な流氷に真っ白なアザラシの赤ちゃんがゴロゴロしてて、画面に向かって可愛い可愛い連呼しとりました。ガイドの男性がものすごくアザラシ慣れしてて扱いが上手く、赤ちゃん一切無抵抗。ごろっと仰向けにさせてもそのままじっとしててそれがまたなんとも可愛いのだ。レポーターが佐藤奈々子さんだったのにもビックリ。『幕間』というとても短いステキな曲を歌ってらしてその曲が大好きなのです。

うちのベランダには使わなくなった水槽が置いてある。中身は当然空っぽで、薄い鉄板で蓋をしてあるんだけど、今日突然ベランダから『ガロン』とちょっと大きな音が鳴ったので慌てて見に行ったら、鉄板が外されていて水槽の中に黒猫が入っていたのでかなり驚いた。雨をしのぎたくて入ったのかもしれない。

しかし猫がわざわざ板をどけて水槽の中に入ろうとあの小さい頭で考えたのかと思うと面白くて笑ってしまった。猫のほうは私が突然顔を出したので血相を変えて逃げていってしまったけど、放っておいたら中でしばらくゆったりしてたのかもしれないっすな。正直クセになってしまったら(トイレとかにされても嫌だし)ちょっと困るので対応は考えますけどね。
posted by まる子 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

お湯とともに声も。

昨日『あらびき団』以外の番組で大変にこやかな風船太郎さんを目撃し「これが本来あるべき風船太郎さんなのね」としみじみ思ってしまったまる子ですこんばんは。客席大盛り上がりで大成功でしたよ。

うちの風呂場はちょっと変わった構造になっているのか、お湯を全開にして出していると水道の蛇口から人がボソボソ喋っている声みたいなのが聞こえてくるんすよ。何を喋っているのかとか全然わからんのですけど、何となくラジオっぽい感じで聞こえてくる。はじめは「どこかのテレビの音が窓から聞こえてくるんかな」と思ってたんだけど、蛇口をしめると何も声が聞こえてこないんすね。

原理としてはあれなんですかね、どっかの音をうっかり受信してるんでしょうかね。それとも水流の音が人の話し声っぽく聞こえてしまうのか。どっちにせよ落ち着かないんだよな。家族に確認してみたんだけど、そんなのいちいち気にして風呂に入っていないという、ゆでた芋をそのままテーブルに転がしたような素っ気ない返答でやんした。男の人は風呂に思い入れがない人が多いからしゃあないんやけどね。しかしなーんかモヤモヤするなあ。
posted by まる子 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

こんな顔か。

「パンのミミが好物だ」と言ったら「苦労してきたんだなあ」と言われてしまったまる子ですこんばんは。いや、それしか食べられなくてそんな環境にいる自分を誤魔化した結果として好きになっているとかじゃないっすよ。パンの顔だって好きっす。そうじゃなくて単純に歯ごたえと香ばしさが好きなんだってことっすよ。

今日はいくつか申請していたカードがまとめて手元に来た。私はどうも色んな物事がまとまってやってくるタイプらしい。いっぺんに片付いていいんだけどね。しかしマルチタスクタイプじゃないのでちょっとだけアワアワしてしまうのも事実だ。

そのカードはどれも写真付き(しかも焼き増した同じ写真)なんだけど、いくら急いで撮ったからってこの顔はねぇだろうと言いたくなるような画像でいささか不満だった。そう思っていると家族から「お、よく撮れてる写真やないか」と言われてしまい、そうか、俺ってこんな顔して街を歩いているのか、我ながら大胆千万な奴じゃのう、などと思ってしまったのだった。
posted by まる子 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

日常の断片

どうにか『私だけの十字架』をマスターしたいと思っているのだけど、あまりのキーの低さに上手く歌えずチリアーノが憎いなどと思ってしまうまる子ですこんばんは。高めのキーで歌いだすとサビで高音になりすぎるし、サビに合わせると歌い出しがうなり声になってしまうのですじゃ。

新しい自転車はペダルが軽くて遠出するのに負担が少なく助かっている。が、ベルがなんだか面白いことになっている。つまみの部分を押し下げてもスカスカするだけでひとつも音が鳴らないのに(私は基本ベルは鳴らさないけどね)、段差とかで衝撃が来ると「チリン」と小さく鳴るのだ。鳴らす用事があるときはシカトで、鳴らさずともいいときにチリンチリンいうのである。「もう!あなたって本当に天邪鬼なのね!失礼しちゃう!(←往年の日活映画のヒロイン風に読んでみて下され)」な心境だ。

携帯の充電池のもちが悪くなってきた。特に酷使してるわけでもないのにすぐにゲージが減っていく。まだ一年だよ。もう一年かもしれないけどさ。ひょっとするとFOMAって充電池の寿命が短いのかな。
posted by まる子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

食い物の話ばかり。

ここ数日家の中より外の方がかなり涼しいという状態で、ベランダにやたらに出てしまうまる子ですこんばんは。今はまだ蚊もほとんど出てないし、風が気持ちいいんですよ。クーラーの風は長時間当たると具合が悪くなるのに(むくんだり冷えたり)、天然の風ってのは少々長いこと当たってても調子悪くならないのは何ででしょうね。

今年初めてスイカを食べた。というかもう何年も食べてないな。本来私はスイカが大好きで、子供の頃などは白いところまで歯で削り取って食べていたくらいだ。私がスイカを食べているところを見た人はほぼ間違いなくカブトムシやスズムシと私を呼ぶくらいに好きなのだ。志村けんのようにガサガサガサーッと早食いはしないけど、結構な量を食べてしまう。ま、年をとったので食べる量そのものは減りましたけどね。でも美味しかったなあ。

だいぶ前に仕込んだらっきょがいい感じに漬かってきた。結構時間がかかると聞いていたが確かにそうだ。一ヶ月はみとかないといけない模様。味自体はいいんですけどね、まだ芯の部分まで漬かりきってないんですな。あと一歩ってところで。来週当たりいけそうな気配だす。
posted by まる子 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠気と寝言。

近所にあるガソリンスタンドから聞こえてくる、スタッフさんの車両誘導の声がどう聞いても小島よしおの「ウェ〜イ」に聞こえてしまうまる子ですこんばんは。本当は「オーライ」と言っているのでしょうけどもね。

今日は晩御飯を外食にしたのだけど、私だけが酒を呑まないというちょっと珍しいシチュエーションになった。というか私本来は別に酒好きというわけではないんですよ。飲まないでいようと思えば全く飲まずとも平気なのです。飲みかけたら飲むけどね。今日は胃の調子が思わしくなかったのでパス。しかし飲んでないのになんか眠いのはなぜだろう。寝不足だろうか。昼寝だって短時間だけどしたのになあ。

昼寝で思い出したが、どうやら私は今日寝ているときに寝言でひと言「地井武男」と言ったらしく、食事中そのことをさんざんツッコまれてしまった。でも寝言なんて自覚して言うことじゃないし(自覚してるなら寝言じゃない)、んなこと言われても俺ぁ困っちゃうよ。首から上がフクロウのオッサンの夢でも見たんだろうかね。
posted by まる子 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

日常の断片

なぜかわからないが、頭の中で『すいかの名産地』がヘビーローテーション化していて困っているまる子ですこんばんは。一緒に田中星児氏のマッシュルームカットと笑顔まで浮かんできてしまう。余計なお世話なのは重々承知だけれど、今もお元気になさってるんでしょうかね。

某所にお願いしていたある書類が届いたんだけど、宛書の字がものすごいことになっていて本気でびっくりした。え、これ、殴り書き?と訊きたくなるような。書いた本人にその気はないのかもしれないけど、やる気があるのかなあと疑いたくなってしまったよ。もしくはものすごくいやいや書いたか。達筆になって欲しいなんて言う気はないけど(私だって別に字がきれいというわけではないし)、せめてちゃんと書こうよと。正直少し気を悪くしました。

洗濯のとき、洗剤の溶け残りが出ないように…と冬の間だけのつもりで液体洗剤を使っていたのだけど、今でも結局使っている。詰め替え用があるからついついそっち買っちゃうんだよねえ。それに実際溶け残りがないし、汚れ落ちもなんとなくいいような気がするし。やっぱりいいもの使ってしまうとなかなか元に戻れんのだなあ。
posted by まる子 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

焼き茄子はたまらないね。

お菓子界のミスターカラフル、マーブルチョコレートを食べているときにチョコと同じ色でコーティングされたものが筒から出てくるとなんか損した気分になるまる子ですこんばんは。個人的にはサクマドロップスハッカ味と同じくらいのポジション。

最近毎日のように焼き茄子を作っている。父の好物ってのもあるんだけど、何より私が好きなのだ。もの心ついたときから焼き茄子は大好きだったのだが、ちゃんと食べていいと許可されたのは中学に上がってからである。それまではヘタの部分に残ったものを前歯でしごき取るようにして食べていた(我ながら大変いじきたないなあ)。なぜ焼き茄子を禁じられていたかというと、幼少時の私は茄子やバナナなど、アクのある物を食べると鼻血を出していたからである。

許可が下りてからの私はもう、毎年吸い込むようにして焼き茄子を食べている。いくら食べても飽きねぇのだよ。焼き網に乗せてこんがり焼いたあと皮をむいて冷やすだけだから作るのも楽だしね。たぶん明日も明後日も作ると思う。
posted by まる子 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

どうしてダニエル・カール?

自称「日本一シシトウの当たりを引く男」の父親にシシトウを出したら、食べた5本中4本が大当たり、残り1本は中当たり(総数は15本くらい)という『日本一当たりを引く男』の名に恥じぬ結果にちょっと笑ってしまったまる子ですこんばんは。私はほとんど当たりを引かないんで、こういう運ってのもあるんだなあと思いましたです。

夏でも涼しいシーツ、みたいなのを通販番組で見たんだけど『あのダニエル・カールさんもご愛用!』というあおり文句に「?」となったのは私だけではないはずだ(ものすごい思い込み)。だってダニエル・カールさんは別に暑がりキャラというわけではないし(もし実際に超絶暑がりだったとしても世間に認知されていない)、寝具に一家言あるという話も聞いたことがないからだ。ダニエル・カールさんの起用で果たしてどれだけの訴求力を発揮できるのだろう。

「えっ、ダニエル・カールさんが気に入っているの?それはぜひとも買わなくちゃ!」と思う人がどれだけいるのかって話だ。たぶん大多数の人は単に「へえ、ダニエル・カールさんが使ってるんだ」としか思わないと思う。シーツはイメージを売るための商品ではなく、実用性を売りにしているものだ。そういう品物の宣伝におけるタレント起用っていうのは「その人が使っているのなら絶対に効果があるはずだ」と思わせるのが目的のはずだと思うのだが、それだけではない何かがあるのだろうか。社長と懇意とかさ。

私は別にダニエル・カールさんを嫌いなわけではない。ただ単に不思議だったのだ。「何をもってのこの人選?」と思わされたというか。でも宣伝一つでここまで考えてしまうってことはある程度成功なのかもね。
posted by まる子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

サイレント図書館

用事で役所に行く途中、印鑑を忘れたことに気づき、たまたま通りがかった印鑑屋さんに入ったら、私の苗字の印鑑一つだけがなぜか売り切れていて買えず別の場所で買い、いざ役所で手続きをしようと思ったら事前に調べて必要なものは揃えて行ったのにもかかわらず書類が足りないと言われて(現場判断でルールを変えているのかも)帰されてしまい、帰って鏡を見たら日焼け止めと化粧をしっかりしたはずなのになぜか顔全体が日焼けしていたまる子ですこんばんは。こういうの厄日というんかね。

昨夜ガキ使を見たら、三谷幸喜氏がサイレント図書館に普通に参加していた。サイレント図書館とは、図書館を模したセットで、一つの机に全員が着席し、これから行なわれる事を発表する。そして全員でカードを引き、ドクロマークを当ててしまった人がそのターゲットになるという企画だ。そしてそれは原則全員無言で遂行される。ターゲットはかなりの苦痛を伴う目に遭わされるがそれでも声を発してはいけないし、見ている者は声を出して笑ってはいけないのである。

三谷氏はそこで当たり前のようにカードを引き、鼻にわさびを大量に注入されたり散々な目に遭っていた。見ている限り特別扱いはされていなかった。が、その『特別扱いされていない三谷氏』を見せることが一つの特別扱いになっている複雑な状態になっていて、そういう風にこっちが感じるということは私は三谷氏をかなりの大物だと思っているということなのだろう。ラフに扱うことが何よりの接待になっているというかさ。

その中で個人的には『絶対成功しないシルクハットマジック』が面白かった。夜中だけど声出して笑ったものなあ。頭に積もった青海苔が苔のようで、頭が苔むしてるみたいだった。
posted by まる子 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。