2008年06月24日

うるさい人だったよね。

昨日ガキ使に出ていた和田アキ子氏の「早かったよ。15歳。公園」というセリフが耳にこびりついて離れないまる子ですこんばんは。知りたくなんかないよって事柄ほど頭に焼きつくとは、脳というのは皮肉なものですな本当に。

テレビ界ではたまに『あの人は今』的な企画の番組を放送することがある。最近はそうでもないが、数年前までは本当に頻繁に見かけていた。『この人は誰?』というクイズ形式になっていたり、最近の動向を追いかけたり、そんなに懐かしがらせたいのかと言いたくなるくらいマメに放送していたものだ。

あれに出る人っていうのは本当の意味で消えた人ではない。消えてしまった人はそういう話題にすら上らないのだ。実際その手の番組に出演されていた人は近々再デビューするだの、子供が芸能界に入っただの何らかの事情を持っていて、結局そのためのプロモーションだったりすることが多かったし。出演することで何かが派生するというカラクリがあからさまになり出してからあの手の番組は消えていったような気がする。

それに最近、懐かしがるという現象すらなかなか起きなくなっているような気もするし。過去に売れていて今売れていない人に対して「今何してんのかな」とすら思わないというか。もう思い出すという行為さえ行なわれない。関心が薄れるとともに記憶も消える。そういう意味では本当に『消えて』しまうわけだね。

で、私が何でこんなことをグダグダ書いているかというと、夏木ゆたかは今何やってるんだろう、と思ったからである。ほんと唐突に消えたよねえあの人。


posted by まる子 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。