2008年07月18日

なぜか飲まない缶ジュース。

稲川淳二は出てきたが、いっこうにセミが鳴かないので「あれ?」と感じているまる子ですこんばんは。なんか静かな夏だよなあ…と感じていたんだけど、よく考えたらノーセミ状態だったんだねえ。

うちには果汁100%の缶ジュースがいっぱいある。いやほんとにすっごいいっぱいあるのだ。100缶超えてると思う。こいつが全く不思議なやつで、飲んだら飲んだでたいそう美味しいんだけど、なぜか誰も飲もうとしないのだ。本当に年に一缶冷やして飲むかなあ…くらい。家族全員意見が同じで首をひねるばかりなのだが、みんなジュースは好きだし、別に缶にも異常はないし、開けにくいってこともないし、メーカーだって有名なところなのだ。なのに手が出ない。う〜ん、なぜにゆえに。

原因があるとすると、それはちょっと高い目のジュースなんだが、それに気後れして気軽に飲めないんじゃないかという、貧乏性オブ貧乏性な性格のせいではないかと。瓶入りカルピス原液にいまだにビビったりするしなあ。結構有力な線かもしれん。


posted by まる子 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。