2008年07月30日

立川談志さんが出てたんだね。

ケータイ捜査官7を楽しみにしていたのに、引越し騒動(騒動て)で結局全く見る時間が取れなかったまる子ですこんばんは。うぅ、残念至極。ルル〜ルルル〜を聞きたかったっす。

朝にBSでやっていた『ぼのぼの』の映画を見て地味に感動してしまった。原作ももともとちょっと哲学的だったりシビアだったりする作品なんだけども、原作の簡素なつくり(これはこれで面白い)より少し凝った感じになっていた。尺が1時間あるので仕方ないよね。夏休みの少年が些細で重大な体験をして少しだけ成長するような、夏の匂いのするお話でした。

登場するキャラは動物だけど、人間に完全に置き換えられるようになっていた。本当はとても優しいのに生い立ちのせいで地域社会から誤解されて孤立している少年(もちろん動物)や、その父親(これは人間だと完全にヤクザだと思う)。大人は色々偏見を持っているが、ぼのぼのにはその父親が寡黙で陰がありながら優しい人に見える。もちろんそれは人を見る目がまだ幼いせいもあるけれど、それが許されるのが子供の特権なのだろう。父親はある日命を落とすのだが(たぶん抗争だろう)、そこからの展開はちょっと涙が出そうになった。

あと昔から好きだったスナドリネコさんのキャラがやっぱり絶品。スナフキン系の性格でほんといい男だ。誰とも馴れ合わず一定の距離を置いているが、近づく者をやたらに拒んだりしないし、子供を子供扱いしないで誠実に接する。クールだがドライではないのだ。かっこいいなあ。


posted by まる子 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。