2008年08月13日

こんなの頂きました。

横溝正史原作ドラマの『悪魔の手毬唄』の劇中に出てくる手毬唄が最近なぜかヘビーローテーション化しているまる子ですこんばんは。手毬唄の歌詞に見立てた殺人が起きていくんだけど、その唄がわらべ歌独特の『あどけないようでいて実は大変恐ろしい』雰囲気満点の歌詞なんすよ。因習、血のしがらみ、グロテスクな欲望がグルングルン渦を巻いとります。

今日はお盆休みということでお墓掃除に行ってきました。去年のような不思議な現象は全く起こらずにただひたすらセミがうるさく、日差しの暑さに半笑いになりそうでした。まあでも、法事に続いて用事が済んだので重畳重畳。

そのあと知人女性と会い、プレゼントということででっかいバッグを頂いた。しかしただのバッグではなく、中にはメイクセットがギッシリ入っていて度肝を抜かれました(写真参照)。アイシャドウとかめちゃめちゃ入ってる(笑)。化粧品そのものは好きなのですごく嬉しかったけれども、しっかし俺にこれを使いこなせるのかなあという不安が。ただでさえ一重まぶたはアイメイクが難しいし。でも頑張って使っていこう。思わぬ色が似合うかもしれないしね。

box.jpg


posted by まる子 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。