2008年08月19日

日常の断片

今日は日本各地でどのくらい「『暑さ寒さも彼岸まで』とはよく言うたもんやねえ」という会話が繰り広げられたのか少し気になっているまる子ですこんばんは。実際急に少し暑さが和らぎましたもんね。いや本当によく言ったものですよ。

ピーナッツバターは甘いものだと信じている人がいてちょっとビックリした。単体だったら甘くないのにねえ。すりつぶしても甘くなるわけないじゃないか。とか言っているが、私は甘くないピーナッツバターは苦手である。パンにあれを塗ったあとにジャムを塗るんだったら甘くないのを選ぶけどさ。こんなこと書いてたら食べたくなってきてしまったよ。

あんな事件を起こしたので、あんまりこういうことを言わない方がいいのかもしれないが、私は月亭可朝の『嘆きのボイン』が好きである。哀愁漂うメロディーに、一見大バカだが深い歌詞。月亭可朝ってある意味すごくロックな芸人だとは思うけど、あの事件はそういうくくりで語れないものだと思う。残念だなあ。


posted by まる子 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。