2008年10月15日

カニカニ詐欺て。

現在、インターネット及びメールにしか関わらない仕事をしているくせに、家に帰ってきてもネットをやってしまい『漁師がプライベートで釣りをする』『タクシードライバーが休日にドライブをする』気持ちが少しわかったような気がするまる子ですこんばんは。仕事と私生活はやっぱ違うんだよなあ。似たようなことをしていても使う回路が全く違うんでしょうな。

今日、巷にあふれる様々な詐欺の手口を紹介し、なおかつその被害者の体験談を再現ドラマで放送する番組を見た。まあ、どこまでが本当のノンフィクションなのかとか、被害者に対する視聴者の感情を一体どういう方向に誘導したいのかとかいくつか疑問点はあったが、一番引っかかったのは『カニカニ詐欺』という言葉である。

手口としては、カニをいきなり代引きで送りつけ(その額は数万円)まんまとその代金をせしめるというもののようで(カニは実際に入っているが、万札出すほどの値打ちのないカニである)、被害も急増しているらしいが、それはさておき『カニカニ詐欺』て。単純に『オレオレ詐欺』の語呂を流用しているだけじゃないか。

あれは犯人グループの一人が電話をかけてきて「オレオレ」と呼びかけ、実名を告げずに犯人を家族だと信用させるという、犯罪の手口そのものを端的に印象付ける意味があったと思う。実際「オレオレ」と名乗らない別の手法が増えてきたために『振り込め詐欺』と改称する方向に向かったくらい、重要な意味を持つ言葉なのだ。

しかし『カニカニ詐欺』には何の意味もない。別に配達員が「カニカニ」と言って運んでくるわけではないし(当然だ)、「カニカニ」が何かの合言葉になっているわけでもない。本当に純粋な語呂合わせだけの意味しかないのだ。

日本人は自分たちが思っている以上に語呂にこだわる人間だというが、これはれっきとした犯罪なのにちょっと笑わせようと思ってんじゃないのかと考えてしまう。身ぐるみはがされたり、人命に関わるほどの被害じゃないからってのもあるだろうけど、別にそこに笑いを盛り込もうとしなくってもいいんじゃないかと思うんだが。


posted by まる子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。