2008年10月18日

ビックリするしないの基準。

貧血と寝不足のせいでさっぱり調子が上がらず、寝てはちょっと起きて活動し、また寝ては起きて…という、まるでコアラの一日のような生活だったまる子ですこんばんは。コアラは一日20時間は寝とるんだそうな。まあそこまで寝てはおらんけど、でも起きてるときもボーっとしとったからね。結局マスチゲンは近所のお店では売っておらず、鉄のサプリメントを飲んでます。おかげでちょっと楽になった。

大きな物音にビックリするってのはよくあるけど、でもあの現象って『大きな音=ビックリのもと』『小さな音=ビックリにはつながらぬ』とも言い切れないのが前々から不思議で仕方ない。突然かなり大きな音がしても大して気にもならないときもあれば、カサッとごく小さな音しかしなくてもそのせいで眠気が吹っ飛ぶくらいビックリするときもあるのだよね。音の遠い近いもあんまり関係ないようだし(近くで大きな音がしても何も思わないときがある)、自分の体(もしくは心)はあれを一体どういう基準で選別しているんでしょうかねえ。

聞き慣れているか否かで分けているってこともないだろうし。十分知り尽くしている音に対してもちゃんと驚くからねえ。自分の中にブラックボックス化された、危険に対する指標みたいなのがあって、耳に入った音とそのバロメーターを本能レベルで照合し、危険かそうでないかを判断してるんでしょうか。でしょうかって別に誰に聞いているわけでもないんだけども(笑)。

まあ、しょうもないこと考えているヒマでちょっと寝ることにします。まだ多少めまいはしているもんで。


posted by まる子 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。