2009年02月25日

規格外の声。

「休みの日はあれしてこれして…」なんて思っているくせにいざそうなると寝正月ならぬ寝休日で一日を消費するまる子ですこんばんは。向上心のかけらもねぇな。

私は外面的な要素として色々目立つ部分(いい意味じゃないのが悲しい)もあるらしいのだが、その中で際立っている(と周囲から言われる)のが実は声なのである。私はいまだに自分の声を扱いかねていると言ってもいい。

気にしているせいもあり、自覚もあることから普段は気をつけているのだが、私の声は大変に通るのだ。常にリミッターをかけて喋るのだが、それでも通る。誰かと会話していても遠くにいる人には一人で喋っていると勘違いされたりする。内緒話なんてぜっっったいにできない。する気もないけど。

一度全てのリミッターを解除して、本意気で喋ったらどうなるだろうと思ったりもするが、まあモンゴルの大草原とかにでも行かないとむりだろうな。はた迷惑だろうきっと。

しかし不思議なもので、この声を褒められることがちょいちょいあるのだ。特に男性から褒められることが多い。自分で自分の声質を把握できていないので嬉しいというより不思議な気分なのだが、この規格外の声と一生付き合っていかなきゃいけないわけだし、嫌がられるよかマシかなと自分で自分を慰める昨今だ。


posted by まる子 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。