2007年09月26日

曲乗りて。

「あったりまえやん」と言うべきシーンでついつい「あたりきしゃりき」とか言ってしまう習性を持ち続けているまる子ですこんばんは。しかし『しゃりき』ってなんなんですかね。『短気は損気』における『損気』みたいな語呂合わせ用語なんでしょうか。

捨てたとばかり思っていた高校時代の生徒手帳が出てきた。高校時代生徒手帳なんてほとんど使わなかったし、そういったアイテムにほとんど思い入れのない私にとっては完全に無用のものである。でもまあ、捨てる前に一回くらい見てみるか…とパラパラめくってみた。

生徒手帳には校則が書かれてあるが、さして厳しい規則もなければ奇抜な制約があるわけでもなかった。高校時代はみんなが一様にいわゆる真面目で、でも別に無理をしているわけでもなく、普通に振舞っていても校則に抵触しない人が大多数だったのだ。なので校則自体を意識したこともなかった。

なので大して面白い校則もないなあ…とちょっとガッカリしたのだが(ガッカリするなよ)、一つだけほんのちょっと「ん?」と思う記述があった。それは自転車に関してなのだが、以下の行為を禁ずるみたいなことが書かれてあって、二人のり、夜間無灯火などなど書いてある中に『校内での曲乗り』とあったのだ。

曲乗りはないよなあ。というかまずできないよなあ。曲乗りですよ。危険運転とかじゃなくて。私見たことないよ、どこかのサーカスのように一台の自転車に15人くらいが扇状になって乗ってる様子とかさ。それできたらむしろカッコいい、喜ばしいとか思っちゃうよ。

まあ、私の中の曲乗り概念がそもそも歪んでて、もっと違う行為を指してるのかもしれないけど、でも生徒手帳に出てくる単語としてはちょっと面白いなあと思いましたです。


posted by まる子 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。