2007年10月08日

いつの間にか手元に…。

夕飯の支度の際、ノースリーブで揚げ物を作るという、いささかスリリングなひと時を過ごしたまる子ですこんばんは。バチッというたびドキッとしましたぜ。片ときも気が休まらなかったです。

私はあんまり頻繁に買い物をしないせいか(日常の買い物は別ですよ)、自分が何を買ったのかくらいは大体把握しているつもりである。でもときどき、全く買った覚えのないものが部屋に紛れ込んでいたりしてギョッとする。でもたぶん間違いなくそれは私が買ったものなのだ。すまんな忘れていて。

以前にも書いた坂口安吾の小説だとか、シャ乱QのCDだとか。シャ乱QのCDは発見したとき力抜けたなあ。なんで俺こんなの買ったんだろうって。あとは絶対つけないような真っ赤な色の未使用の口紅とか(私の顔色に赤い口紅は似合わない)、骸骨みたいなのがくっついたボールペンだとかも買った覚えがないのに手元にある。

私は自分が買ったものをその当時の記憶や思い入れなどを噛み締めながらときどき手に取ったりするのだけど、上記のものに関してはそれが全くできないのがもどかしい。わき上がる感情と言えば「これいつ買ったんやろ」「どこで買ってきたんやろ」「何で買ったんかわからん」というものばかりで、ただただ首を傾げてしまう。

こういう現象って俺だけかなあ。何であるのかわからないアイテムがいつの間にかひょっこり…って現象。酔っ払って買い物はしないしなあ。ホントなんなんだろ。結論出る日は来ないだろうけど。


posted by まる子 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。