2007年10月31日

帰ってきました。

今日やっと帰ってきました。車で10時間ぐらいかかっちゃったよ。私は運転してないけども。

亡くなった祖母の葬儀が行なわれたのは博多だったんだけど、行ったのは実に12年ぶりくらい。やっぱりこっちよりもずっと都会で街の活気がすごかったです。遊びで行ったわけじゃないので見て回ることはなかったですけどね。

遠方に住んでいることもあって、私が親戚に会うのは大体10年おきくらいになる。最後に会ったいとこたちはみんな子供だったのに(私のいとこは全員私より年下である)、今回全員大人になっていたので最初は誰が誰だかわからなかったほどだ。

祖母は若いときから色んな苦労をして、それでも芯の強さと優しさを失わなかった、本当に尊敬できる素晴らしい人だった。小柄で物腰は柔らかく控えめな人だったけれどとっても働き者で、筋の通らないことや非常識なことを言ったりしたりするときちんと叱ってくれる人でもあった。孫たちの中でダントツ一番のロクデナシの私のことも気にかけて愛してくれた。直接会った回数は10回にも満たない。でも疎遠だと一度も感じたことはなかった人だった。

祖母の最後は本当に安らかで病気らしい病気もなく、いわゆる老衰だったという。長生きの大往生で本当によかったと思った。私では堪えられないようなつらい思いもいっぱいしてきた人だったし、母は苦しんで亡くなっていったから、祖母には病気に苦しんでほしくなかったのだ。

葬儀のとき私は不思議と悲しいとは思わなかった。もちろん寂しかったし涙も出たけど、祖母自身は大往生で本当によかったと思ったのだ。見事だ、とさえ思った。みんなもそう思っていたのだろう、親戚全員泣いてはいたけれどどこか晴れやかで、湿っぽさは何一つなかったと思う。思い出話に花を咲かせて見送れるような雰囲気だった。

解散した後どこかに行こうかと思ったけど、もう時間も中途半端に遅かったし、そこそこ酒も入っていたので結局ホテルで寝て過ごした。
そして暇つぶしに携帯で写真を撮ったりしていた。

mania
『マニアマニエラ』というタイトルからてっきりムーンライダーズが関係していると思ったら番組内容は全く彼らと無関係であったことにビックリしたり、
annnai
「何でタバコの案内だけ『エレベーテー』なんだ?そもそもエレベーテーて」とつっこんだりふざけた写真を撮っていた。だからロクデナシって言われるんだな俺は。


posted by まる子 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。