2007年11月12日

読書の秋。

里芋と鶏肉の煮物が食べたい!と思って材料を買いに行ったらあいにく両方とも売り切れていてガックリガクガクな心境のまる子ですこんばんは。メニュー決めうちで行くと調達できなかったときにどうしようもなくなるので私はいつも基本ノープランで買い物に行くんだけど、今日はなぜかメニュー先行だったんだよな。でこの結果だ。ガッカリだよ。

今日は急に寒くなって薄いジャケットで外出してしまった私は心底後悔した。しかも夕方に大粒の雨が降ってきたのでメガネが濡れてしまいああもうなんともはや、な状態に。気候の変化がほんとにここ数年急激ですな。なだらかにいつのまにか…ではなくいきなりのハードランディング。皆さんはお風邪など召されてませんか?

私は気に入った映画や本を何回も何回も繰り返し味わうのが好きなのだが、今は原民喜の『夏の花』を読んでいる。もう何回目になるのかすらわからないくらい読んでいる。短編集なのでどこから読んでもいいし、一方でその短編が繋がって一つの長い物語にもなっているので最初から読むのもアリなのだ。うちに強靭なものを秘めながらあくまで繊細で透明で細やかなその文章は、私の心に静かに沈殿していくような気がする。書かれた内容自体はすさまじい生と死が織り成す物語だけれど、読むと癒され、穏やかな眠りに誘われるのだ。今日も寝る前に読もう。


posted by まる子 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。