2007年12月10日

あらびき団

兄と些細な口論になったときに「お前なんか生放送で森脇健児にツッコまれた人間の癖に!」と言われてしまったまる子ですこんばんは。いや、確かにそうなんだけどさあ。それって罵倒の意味があるのか無いのか判断しづらいよ。

最近『あらびき団』という番組が面白くて仕方ない。『あらびき団』の『あらびき』とは『あらびき芸人』のことだそうで、荒削りな中にも見過ごしにはできない芸を持った芸人さんのことらしい。といっても番組に出てくるのはお笑い芸人ばかりではなく、大道芸人の人たちも結構出てくる。その中にはメチャメチャ高水準なかたもいたりして目が離せんのだ。

私が個人的に大好きなのは風船太郎さんという、巨大バルーンの中に体ごと入って色んな芸をするかたである。バルーンには頭が出せる穴があいていて、風船太郎さんはそこから顔なり足なりを出して脚立に飛び乗ったり玉乗りをしたりするのだ。

しかし風船太郎さんは最後の最後でよく失敗をするのである。もうこれでフィニッシュだ!という技で派手にこけたあげく、自分が入った風船を割ってしまう。もうそれがね、ものすごく残念なんですよ。あとちょっとなのに!と。またそのこけ方がちょっと画期的なほどにかっこ悪くて、切ないやら応援したくなるやら。司会者の一人である藤井隆はへたり込んで笑ってたけどね。失敗を見るのがつらい私でもちょっと笑ってしまったよ。


posted by まる子 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。