2005年09月28日

何だろうこの人

いまだに、プレゼントが決まらない。自分でもたいがいドンくさいなあと感じる。私はすごいプレゼント音痴で、これあの人に似合いそう、とかそういう部分の回路が働かないのだ。相手が何を望んでいるかすぐに察することができる人もいるが、私にはそのアンテナがない。
その上、昔から好みに合わないと迷惑行為だよな、とかマイナスなことばかり考える。最近は図々しくなってだいぶましになり、嫌なら捨ててくれちゃっていいやと開き直れるようにはなってきたけどもね。

朝の九時ごろ、マツモト(仮名)と名乗る年配の女性がやってきて「○○さんはお留守ですか?」と尋ねてきた。
○○さんの家は、うちから三軒以上離れている上に付き合いもない。そんな人が在宅かそうでないか私が知るわけがない。
「ちょっとわからないです。直接訪ねられたらどうですか?」と言うと、「いや、さっき行ったんですけど、鍵がかかってて誰も出ないんです」と言う。
それは留守ってことだろう、と思いながら「じゃあお留守なんじゃないですか?」と言うと、相手は黙って去っていった。

そして夕方。
「マツモトです…。あの、○○さんは今日はずっとお留守なんでしょうか?」

…その前に、あなた一体何者なんですか、マツモトさん。


posted by まる子 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プレゼントはいつも悩むのですが「いいや!私はこれが坪井さんに似合う!」と勝手に決めてしまいます。あ、中には「これどうされるかな?笑っていただけるかな?」と少しだけ悪魔のような物を入れちゃったりするんですが・・なんにしても使っていただけることは奇跡、要らないものは軽くポイして頂ければと思いながらお届けしてます(^_^.)
Posted by 平生 at 2005年09月29日 02:08
そうなんですよねえ…。その、いい意味で期待しない気持ちをもっと強く持たないといけないんですよねえ…。でもまさか、マジでふぐ提灯をお届けするわけにもいかず…誰かプレゼント回路を売ってください(笑)
Posted by まる子 at 2005年09月29日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。