2005年10月03日

丸忍者

私を直接知っている人は意外に思われるかもしれないが、私は『気配』が平均値以下の人間である。いつの間にか現れる、いつの間にかいなくなる、さっきあそこにいたと思ったらもうここにいる…などなど私をよく知る人からは飽きるほど言われている。

自分では気配を消そうなどというつもりは全くなく、ごく普通に行動しているのだが、足音があまりしないせいもあって、神出鬼没キャラになってしまっているようだ。ある人には、臆病な人は無意識のうちに気配を消す習性を身につけると言われたが、私がそうかどうかはわからない。

私は外でほんとによく通行人にぶつかられてしまうのだが(ぶつかるのではなく、ぶつかられるのだ)、それは多分この薄い気配のせいだろうと思うのだ。前を歩いている人が突然振り向き、驚きで目をいっぱいに見開きながら私にぶつかってしまう…なんてことはしょっちゅうだ。私もそれを知っているので、そんなに車間距離(というか人間距離)を詰めているわけではないのだが、それでもそういう事態によく遭遇する。

ひょっとするとわしゃ忍者向きなのか? えらい丸い忍者だなおい。




posted by まる子 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。