2008年01月21日

和田ラヂヲの新世界

『屍累々(しかばねるいるい)』という言葉を見たり聞いたりした瞬間、頭の中に太川陽介が浮かんでしまい困っているまる子ですこんばんは。シリアスな小説とか読んでても、脳内には「ルイルイ♪」とポーズをとる彼の笑顔が…。また意外に引きが強いポーズなんだよなあれ。

『和田ラヂヲの新世界』を入手。この作家の漫画は昔から大好きなのだ。デビュー作からずっとファンである。ローテンションでシュール(初期のほんの少しの間はギャグマンガ独特の熱さとか勢いがあったけどね)で、読む者をひたすら困惑させる作風が読んでて疲れないし地味に面白いのだ。

「これ面白いだろ?」「俺こういうのすっごい面白いんだけど」っていう作家のエゴが作品からちゃんと除去されているのも好感が持てる。「まあ、こういうのも面白いと思うんだけど」くらいの静かさが心地いい。キャラクターに対して作者自身が一定の距離をとっているのだ。作者のクールな人柄がいい意味で反映されていると思う。

身近にいる「ものすごく変な人なのに社会生活はなぜかちゃんと送れている」人物に対する困惑がテーマの作品なんかも大変多く、たぶんそういう人達を醒めた目で観察してきたんだろうなあ、と思わせる。

そんな中『ザ・課長』シリーズは一般的なギャグマンガの温度やテンションを持っていて印象的である。課長という、わがままでむっちゃくちゃでどうしようもないキャラに愛嬌すらにじんでいて素直に面白い。勝手な憶測だけど、作者はこの課長のことが結構好きなんじゃないかなと思う。他のキャラよりも距離の近さを何となく感じるのだ。


posted by まる子 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍(マンガ含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和田ラヂヲの漫画好きです。でもなんかの雑誌に載ってるのをたまたま見るだけなんで今度まるこさん推薦のやつを見てみたいと思いますw
Posted by 貴様に脱帽管理人 at 2008年01月26日 22:46
管理人さんも和田ラヂヲお好きですか!
あのいつも一定の温度とかリアルな困惑の表情とかいいですよね。
もともと四コマメインのかたなので、コミックスもあまり厚くなく、気軽に読めますよ。
Posted by まる子 at 2008年01月27日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。