2008年02月09日

ちょっと積もったときってどう表現するの?

今日は雪が降っていてあまりに寒く、ストーブのそばからまともに動けない一日だったまる子ですこんばんは。縫い付けられたように暇さえあればじーっとしてました。家族にはデカ猫と呼ばれましたが、ちゃんと家事はやったんだからいいじゃんよ、ねえ?

ところで雪が積もっているのをオノマトペでどう表現したらいいんですかねえ。雪国のようにメートル単位で積もっているんだったら『ドッサリ』とかでもいいような気はするんですが、こっちはそこまで積もってはいないので『ドッサリ』なんていうと雪国のかた達に失礼なような気もしますし。

『ノッサリ』『ムッチリ』『フッサリ』など色んな表現を思いついてみたのですが、どれもイマイチ賛同を得られずでした。もともと私の擬音の表現は変だと言われているので的確なものを生み出せる自信もなかったんだけどね。でもこう、胸の中のマトにスパーンっと刺さる、見事な表現をしてみたいんだよな、一回くらい。「なんてお上手なのかしら」というようなコメントを引き出してみたいじゃないか。しかし、自分で言うといてアレだがいくらなんでも『ムッチリ』はないよなさすがに。


posted by まる子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。