2008年02月26日

月の爪の夢。

『ひょんなことから』の『ひょん』って何かね?と何となく思っているまる子ですこんばんは。語感からして『物のはずみで』的なニュアンスを感じることはできますが。でも『ひょん』はちょっと可愛らしすぎるだろう。

ムーンライダーズの『月の爪』という曲を聴いている夢を見た。私はこの曲が大好きで昔は何度も何度も繰り返し聴いていた。アルバム収録の曲なんだけど、この曲だけ異質なんすよ。他の曲は全体的にポップでムーンライダーズにしてはねじれやゆがみが少ない印象があるんだけど、これは別。実に屈折していてサイコな感じすらする作品です。

一方通行で可能性のない、ある種偏執的な愛の歌なんだけど、けだるげなボーカルや音色が独特の魅力を放っていてすごく印象に残るんすよね。本当は逃げなくちゃいけないのにどうしてもそこに目を奪われるようなそんな感じ。強く否定しないと心奪われてしまう、みたいなね。

でもなんでこの曲が夢に出てきたのかなあ。何らかの意味があるんだろうけど。私は音楽の流れる夢をまず見ないんで、なんか気になっちゃうんす。


posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。