2008年02月28日

日常の断片

最近ヤケクソみたいに『セレブ』と言って遊んでいるまる子ですこんばんは。「私は貧乏界のセレブ』だの『セレブな灯油を入れてくる』だの『セレブな白菜浅漬けはどうだね?』など。乗っかってるうちは面白いけど、我に帰ると胸を寒風が吹きすさぶ感覚が味わえます。

私が以前住んでいた街で毎日のように利用していたマーケットをネット検索してみたら、未だに健在でちょっとビックリしました。あの街を離れてもう25年以上になろうかというのに、まだ畳まずに続いていたんだなあ。感慨深いよ。私が住んでいた頃はさあ今から開発だ、という段階だったのでまだ手付かずの空き地がすごく多かったんだけど、現在はかなり発展しているらしくて、色んな店ができているようです。あ〜、懐かしいなあ。幼いときの思い出ははっきり言って全部あの街にあるからね。

私は無洗米が嫌いなんだけど(ご飯にコシがないから)、近所の人から無洗米を頂いてしまった。いや、確かに便利がいいことはいいんですよ。この水が冷たい時期にお米を洗わなくてもいいし、水もそれだけ節約できるしね。でも、貧しくともせめてご飯くらいは美味しいのを食べたいんだよね。せっかく頂いといてその言い草はないだろうと自分でも思うけれどね。私はご飯を土鍋で毎日炊くので、かなりカバーはされてるみたいだけど、早く普通に洗うお米に戻したいなあ。やっぱりどんなものでもひと手間かけるものの方が美味しいですねい。


posted by まる子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。