2008年03月14日

さよなら黒い月のニーナ。

どうもイマイチ調子が上がらず、新しいものがなかなか吸収できないまる子ですこんばんは。なんて言うんだろうな、どうにも触覚が鈍ってる感じ。ナチュラルボーンぼんやり者なのにもっとぼんやりしているような。

我が家のビデオデッキは調子が良くなったり悪くなったり、フラリフラリと不安定な状態のまま推移している。今度テレビ買い替えの時にはDVD&ブルーレイのに変わっちゃうらしいので、ビデオを見るなら今のうちなのだ。あ〜、大好きだった『黒い月のニーナ』とももうちょっとでお別れかあ。

『黒い月のニーナ』は色んな偶然が重なって手に入ったビデオで、ショコラータというユニットが出したアルバム『黒い月のニーナ』のPV的な内容になっている。PV集ではあるが曲ごとに映像が全く独立しているわけではなく、緩やかに全体を貫くストーリーのようなものがある。シュールな短編映画のような造りなのだ。

入手した際、私はこのユニットに関する知識が全くないまま(今もほとんどゼロ知識だ)見始めたのに、初見でコロッと参ってしまった。私の好みにバッチリはまったのだろう。ずいぶん昔の作品で(それこそバブル時代の)、あの時代独特の過剰さというか凝りまくりでマニエリスティックなところに逆に古さを感じることはあるけど、でも作品が持つ、あの時代にしか留まれなかった雰囲気も含めて好きなのだ。特にアディオという曲は大好き。全編イタリア語で、情熱的で切なくセクシーな名曲です。


posted by まる子 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。