2008年03月20日

相棒終わりましたな。

さっきからずっとなんだかお腹がすくなあ…と思っていて、よく考えてみたら朝食以外何も食べてないことに気づいたまる子ですこんばんは。何となくタイミングを逃して食べそびれてたのだね。そりゃ空くはずだよなあ。でも今から食べるわけにも行かず…眠れるかな今晩。

最終回でしたねえ『相棒』。今シーズンは何となく実際に起きたケースであるとか、何となく不条理を感じている社会的システムを連想させるような内容が多かったような気がします。ちょっと社会派っていうんかな。そういうのもちろん面白いのだけれど、私は初期の作品に多かった『こうであろうと思われるオチからさらに一回ひねる結末』を迎える脚本の方が好きだったなあ。不自然にならない程度に予定調和を破壊するクールな展開にシビレたもんです。

シリーズものっていうのは回を重ねるごとに徐々に変質していくもので(意図的ではなくとも絶対に変わる)、その変化が許容できなくなったときに人はファンをやめるのだろうと思う。私は今のところ大丈夫だ。今度また変化したらちょっと自信ないけど。右京さんをヒーロー的に描写するよりは、片隅にいる侮れない風変わりな切れ者という扱いの方が好きだったので。

しっかし、相変わらず小野田さんは怖いっすね。100%敵に回したらいけない御仁ですな。ラストシーンで亀山がちょっと目を付けられちゃったけど、続編ではどうなっちゃうんだろうか。張ったっきりほったらかしの伏線ってのが少ないからな、あのドラマは。今回目を付けられたのだって、だいぶ前の話で小野田が亀山の価値を認めたっていうシーンがあってのことだしね。


posted by まる子 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。