2008年04月11日

あらびき団

字幕放送で『さんまのまんま』を見ていたら、さんま氏独特の引き笑いを「ファーッ!」と表現していてなるほど、と思ったまる子ですこんばんは。字幕ってそこまで詳細に表示するんですな。

数日前だが『あらびき団SP』を見た。私が希望していた芸人さんは全員出演されていてさすがだと思わされました(何に対してだ)。しっかしふとっちょカウボーイが頭脳プレーを見せてくれるとは思わなかったよ。私はてっきりいつものごとく舞台袖の方から「ハェ〜イ!」と大の字立ち(としか表現できん)で飛び出してくると思ってたからねえ。ゴソゴソ揺れるダンボールに注目させて別の場所から出てくるとは。あのあとのさばき方はちょっとムカついたけど。そして肝心の本ネタは相変わらずスッカスカだったけど(笑)。

あと、風船太郎さん。彼は本当に成功させる気があるのか疑問に感じてきたよ(笑)。回を追うごとに風船の割り方が派手になっていくんだもの。今回なんか全身で突き破るがごとき結末を迎えてましたし。失敗するのも含めて芸なのかなあ…とちょっと本気で思うちょります。どこまで引っ張れるのか見ものっすね。

ただなあ…ゲストの存在がちょっとね。スペシャルってどうしても趣向を凝らすからその一環としてゲストを出したくなるんだろうし、スポンサーさんやら番宣やらの絡みで通常通りの構成にはできないんだろうね。ライト東野氏のボソボソ吐かれる毒は鈍ってなかったのでその辺は安心でしたけども。東野氏は「自分は大物には媚びへつらう人間」であることを標榜する割りに、その媚び方には絶対に意地の悪い半笑い気味の毒が混じっているんだよなあ。しかも番組の構造まで見抜いててそこをチクチク批判したりするのが面白い。突き抜けた人望のなさが芸にまで達している珍しい人だと思う。好きな芸人さんではないけどね。

あと、レフト藤井氏は椅子から転がりすぎだ。藤井氏は意外にもゲラの芸風を持っていて、しかも笑うと力が抜けるらしく、よくフレームから消えている。笑いたい気持ちはわかるんだけどね。笑わせられるというよりも、もう笑うしかないだろこんなのっていう芸人目白押しの番組だし。でも変に体裁を整えようとせず突き進んで欲しいなあ。


posted by まる子 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ(CM含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。