2008年05月31日

幻のプリントゴッコ。

旅行に行ったときに持って帰って来たアメニティの中に紅茶があったな…とふいに思い出してゴソゴソ出してみたら、紅茶じゃなくて入浴剤だったのでガックリガクガクのまる子ですこんばんは。もうすでに紅茶の口になっていたのになあ。しっかしパッケージが紛らわしいよほんとにさ。

プリントゴッコが販売中止になるらしい。パソコンに押されてしまったとのこと。まあ自然淘汰といえば自然淘汰なのだろう。道具というものは古来からそうやって一つ一つ消えていくものだし。しかしなんというか切ねぇなあ、と思ってしまう。というのも私は子供の頃から、毎年毎年年賀状の時期になるとプリントゴッコが欲しいと思って生きてきたからだ。クリスマスプレゼントのリクエストとしてメモに『プリントゴッコ』と書いたことも一度や二度ではない。しかしプリントゴッコがやってきたためしはなかった。

高校生になりバイトをするようになって、そのバイト代で買おうとしたこともあるのだが、なぜか両親から猛烈な反対を食らって断念せざるを得ない状態になり、そこでも結局買えずじまいだった(私は強い反対に遭うと「私が間違っているのだな」と思ってやめてしまう性格なのだ)。

うちの両親はいささか頭が古く、そのことを誇りに思っているフシがあったので「機械に頼った年賀状など手抜きでしかない、言語道断」「きれいな印刷より、ヘタでも手書き」という『手書き幻想』をガッチリ抱いて生きている人たちだった。そんな親から見たら子供がプリントゴッコで年賀状を書くだなんていうズボラは許しがたい行為だったらしいのだ。友達はばんばんプリントゴッコで作成して送ってきてくれてたんだけどもね。しかしそこは、子育ての際の伝家の宝刀「よそはよそ、うちはうち」でこちらを黙らせてしまうわけですよ(笑)。

ま、そんなこんなで結局プリントゴッコには指一本触れないまま年を取ってしまったわけですが、あれだけ手書き手書き言うてた親父が毎年私に「年賀状パソコンで印刷してくれ」と言うのはどういう了見だ、と思わないでもない日々である。


posted by まる子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。