2006年01月22日

お風呂バトン

Mさんのところより、若干遅めではありますが、お風呂バトンをていっともらってきました。


***お風呂バトン***


@シャワー派?浸かる派?
夏はシャワー。冬は浸かります。なので冬の方が長風呂。

A最短時間は?
10分。夏場にショートヘアだとこのくらい。

B最長時間は?
45分くらい。ジーっと浸かったりヘアパックしたりするとそうなる。

Cどこから洗う?
頭ですね。ボディだと右のすね。

D歌う?
私は声が通るので近所に筒抜け。絶対歌いません。

E何歌う?
子供の頃は細川たかしを歌ってたらしい。

F何考えてる?
明日のこと。昔のこと。作業の段取りとか。あと泡のように浮かんで消えるささいなこと。

G温泉好き?
子供時分に二回しか入ったことないので好きも嫌いもない。親戚は別府在住ですが(笑)。

H泳ぎますか?
プールでもおよがへんのに風呂で泳ぎますかいな(笑)。

I隠す派?オープン派?
オープンにしても動じない豪傑に憧れますが、絶対隠します。

J好きな人又は想いを寄せる人がいたら興奮する?
それは同じ浴室内にってことなのか?そんな状況にまずならないよ。自分が出るか、相手を出すか。話はそれから。

K好きな入浴剤の色は?
こう見えて淡いピンクとか好きなんす。あとはクリアブルー。乳白色は苦手。

L好きな入浴剤の香りは?
ローズ。落ち着く。どうも私はローズの香りが好きなようですな。キャラじゃないけどね。

Mお風呂あがりはパジャマ派?全裸派?下着派?私服に近い派?
服着て寝ます。そのままゴミ出しにいけるように。

Nお風呂にあったらいいなと思う物は?
CDプレーヤーかなあ。でも入浴中は風呂に専念したいから特にいらない。


たぶん私でアンカーですが、興味を持たれた方はどうぞ〜。


posted by まる子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

ご飯に豆腐をのっけて食べる。

『フロントミッション5』。面白いんだけど、微妙に暗雲が。ヒロイン(多分)の、リン・ウェンライトというキャラに全く魅力を感じないのだ。エキセントリックでいっつも怒っている人という印象しかない。作り手は彼女を魅力的な人だと信じ、自分でも魅力を感じながらキャラを作ったのか、それとも「こんな人は身近にいたらちょいと困るな」と冷静に思いながら作ったのかどっちなんだろう。それが妙に気になる。

今日は日頃よりは少しあったかかったんだけど、素足にゴムぞうりを履き、ノーブラで半そでTシャツにホットパンツといういでたちの女性を見かけるとは思わなかった。いくら昨日よりはあったかくなったからって。『あったかくなった』けれど『あったかくはない』のですよ。あまりにラジカルなファッションに度肝を抜かれちゃったよ。比喩でもなんでもなく目が覚めたよ。

私はご飯の上に木綿豆腐を乗せて、お醤油をかけて食べるのが好きである。しかしあまり一般的でないようで、それを言うとたいていの人に驚かれる。(余談だが、今『たいていの人』を変換したら『大帝の人』と出てきた。グッと話がでかくなるね)美味いんだけどなあ。ただ、家族もビックリするので、この食習慣は家庭で身についたものではないのだ。私はこの食べ方をどこで知ったんだろうか。
posted by まる子 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

言葉バトン

『猿 まね子』の行進は続くということで…。またしても某所よりもぎ取ってきたバトンシリーズでがんす。

〜〜〜言葉バトン〜〜〜


1、好きな言葉は?
これが実は、あまりなかったりするのですよ。強いてあげるなら『包帯を巻く気がないのにその人の傷に触れてはいけない』。


2、貴方の口癖は?
「そんなんメリットないわ」「やっすいなあ」「ちょっと眠たい」


3、貴方にとって最高の誉め言葉は?
「本当にいい人やね」…なかなか言われることはないとわかっているだけに多分言われたらすごい嬉しいと思う。


4、普段出来るだけ使わないようにしている言葉は?
なるべく皮肉を言わないようにしています。あと、これは出来るだけ使わないのではなく、絶対使わないのですが、相手の身体的欠陥等、プライドを損なうことは言いません。ていうか言いたくない。


5、最近言われて一番腹が立った言葉は?
あんまりないなあ。言葉ではなかったので(すれ違いざまに舌打ちとともに唾を吐きかけられた)。


6、一度は言ってみたいがきっかけがなかったり、何らかの理由で言ったことがない言葉は?
「私にもちょうだい」的な、何かをおねだりする言葉。厚かましいと思われるのが嫌だから。


7、普段何気なく使ってたりするけど実は理解していない言葉は?
理解できない言葉は使いません。調べるなりして理解した上で使います。


8、普段の生活において思った事を何%くらい言葉にしてる?
…4〜5割かなあ。1から10まで言うなんてことは思いやりがないと思うし、自分の要求を伝えるのがそもそも私は下手。


9、面と向かって言えないけど、メールだと言える事
好意を伝えること。といっても愛の告白にあらず。私の好意は好意的に(駄洒落みたい)受け取ってもらえるのかいつも不安なので。メールだとその不安が軽減される。


10、プロポーズとして言いたい、言われたい言葉
あ〜〜。想像つかねぇなあ。心のどこかで男女の愛には限りがあると思ってるので。きっとそんなこと言ってもずっと一緒にはおれへんやろうなあ、と思ってます。あと、もしプロポーズされたら「趣味悪いなあこの人」と思うねたぶん。おぬし、ワシを選ぶのか?という感じ。


11、今日死ぬとしたら最後に誰に何を言いたい?
誰と限定せず、家族や友達みんなに謝罪するかな。色んな意味でごめんなさいと。


12、人生において『有り難う』と云った数、云われた数どっちが多いと思う?
どっちかなあ。言った方かな。わりと些細なことでありがとうと言う。


13、現時点で最後に発した言葉は?
「うわあ、神山、バンチョーちゃんをどついたで!」…クロマティ高校を読んでました。


14、貴方にとって言葉は?
非常に重要な物。さまざまなことの基盤。これがないとコミュニケーションできないと思っている。言葉は通じなくても思いは伝わる、というのはあまり信用できないし、その思いをより正確に伝えるためにもやはり言葉は必要不可欠だと思う。
あと、コミュニケーションのみならず、必要な情報を正確に伝えるのにも豊富な語彙とそれを上手くつなぎ合わせる力は高いほどよいと思うし、これからも色んな言葉を知っていきたい。


15、このバトンを誰に渡す?
置いておきますので、もらってやる、という方はぜひどうぞ。




posted by まる子 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

人がいない道

私は誰もいない道が好きで、人通りの少ない方少ない方に行きたがる。といっても歩くだけでヒッツキムシがつきそうな獣道ではない。ちゃんと舗装されていて、なおかつ人がいない道が好きなのだ。

よく物騒だとか、危ないとか言ってくださる方もいるのだが、誰もいないということは不審者もいないわけで、きょうび逆に安全性が高いんじゃないかとか思ったりすることもある。私は怖がりなので、独りで歩いているときに向こうから人が来るとそれだけで緊張したり構えたりしてしまって疲れるのだ。別に痴漢がどうのとか、そんな自意識過剰な発想ではなく、いきなり刃物を振り回したりしないかとか思ってしまうのだ。

それに、夜の誰もいない道はなんともいえず風情があっていいのだ。かっこつけた言い方をすると、思索をめぐらせるのに向いているのである。

聞こえるのは自分の足音のみ、歩きながらさまざまなことを考え、そしてそのことに集中するのに夜道はとても都合がいいのだ。時折、ふいによぎる野良ネコや野良イタチ(たまにいる)にびくっとしてしまうこともあるが、臆病ゆえ、なにとぞご容赦願いたい(誰に願っているのだ)。
posted by まる子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

ちょろぎ

ちょろぎ.bmp私は今、無性に『ちょろぎ』が食べたい。それも、祖母手作りのちょろぎの梅酢漬け限定。祖母特製ちょろぎはその色の鮮やかさといい、さわやかな酸味といい素晴らしい逸品だったのだ。祖母は梅干しを漬けるのがとても上手で、本当にビックリするくらい美味しくて、キレイで深い赤紫色の梅干しを作っていた。その梅酢にちょろぎを漬けるんだけど、それがまた本当に美味しかったのだ。ぱりぱりした歯ざわりで、一度食べたら病みつきになりそうな程だった。

祖母は今入院していて、寝ていることが多くなったそうだが、気丈な性格で退院に向けて猛然とリハビリに励んでいるという。九州に住んでいるので簡単に会えないし、私自身人生の中で5回ほどしか祖母には会っていないけど、祖母は私のことを案じてくれていると聞いた。嫁に行かないから心配なんだそうだ。おばあちゃんごめんよ。胸が痛むなあ。

もうたぶん、二度とあの梅干しやちょろぎを食べることはできないんだろうな。漬物作りができるほどの体力はもうないそうだから。そう思うと余計もう一度ちょろぎが食べたくなってしまう。
posted by まる子 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

100円ショップ

近所に100円ショップが出来たので、うろりうろりと店内をさまよい歩いてみた。むき出しの貧乏人根性で生きている私にとって、暴れ買いしてもあまり影響の出ない100円ショップはオアシスだ。オアシスだ、って書いた瞬間心が悲しみにズキッとしたがこの際無視だ。

「わー、こんなのが100円で買えちゃうのかー」と思ったり、逆に「ん?こいつはよその店で80円くらいで売ってたぞ」な物もあったりで、真にお徳アイテムのみを選んで買うのが楽しい。あと、安物買いの銭失いになりそうな物もあるので、それは少々高くても別の店で買う方がいい。…暴れ買いといっても、まあこの程度には冷静に選んでいる(と自分に対して言い訳する)。

しかし、ここ10年くらいで金銭感覚が変化しているなあとまざまざと感じるのがこの手の店で買い物をしているときだ。バブルだとかデフレスパイラルだとかややこしいことはわからんのだが、ある物に対してどのくらいの値段だろうと自分の中で見積もるときに、確実に10年前(性格には12〜3年前だけど)より安く見積もる癖がついている。昔ならその安さに疑問を持ったりしたのに、今ではその値を妥当と思うことも増えてきたのだ。

例えば、私の灰皿は20歳の時に買った物で、それをずっと使っているのだが、そのときの値段は700円だった。何の変哲もない、シンプルな陶器の灰皿である。今その灰皿に700円出すかといえば、多分私は出さないだろう。

だけど当時の私は何の疑問も持たずに700円を出した。それは、ちょっと難しく考えるとその灰皿に700円の価値があると思っていたということになる。でも今は無理だ。もし私が月収100万を超えていたとしても、その灰皿を700円では買わない。それは同じような物を100円で買えることを知ってしまっているからだ。

日用品を安く見積もる習慣がついてしまうことがいいことか悪いことかわからないが、まあ結論を言ってしまえば、100円ショップは楽しいということに尽きる。なんかオチが雑ですみません。
posted by まる子 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

関節をパキッといわせること

寝ているときに、なんか寒いなあ…肩が凝るなあ…と思っていたら、両腕をバンザイの形にして寝ていた。なんでバンザイなんだ。こん平になれというお告げか。辞退するよそんなお告げ。こん平に何の恨みもないけどさ(笑)。

私は関節がゆるいせいかパキパキ鳴りやすい。指とか小学生のときからパキパキ言わせていた。母によると赤ちゃんのときからパキパキいっておったそうじゃ。今では朝イチでパキッといわせないことにはかえって調子が悪い(しっかり曲がらない、曲げると痛い)。そのパキパキ鳴らし(じゃじゃ馬ならしみたいな語感ですな)は手の指だけではおさまらず、手首、肩、足首、足の指までパキッといわせてやっとひと心地つくのである。

寝るときにも手の指、手首、肩、足首、足の指をパキッとやって儀式は終わる。家族はそんな私を見てものすごい痛そうな顔をする(普通、関節を鳴らすとかなり痛いらしい)のだが、私はこうしないとすっきりできないのだから仕方ない。

今も試してみたら両肩がパキッとなった。ふぅ〜すっきり〜。
posted by まる子 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

金木犀

最近、金木犀が咲いていて、ふとしたときに濃密で甘い香りが漂ってくる。私あの香り大好きなんですよ。木のそばに立ち止まってしばらく深呼吸してしまうくらい。フーーっと気持ちが和むんですよね。トイレの芳香剤に採用されてしまったばっかりに不当な扱いを受けがちだって聞いたけど、先入観なしにかいでみると、あれは本当にいい香りだとおもう。一雨きただけではかなく散ってしまうのが残念だけど。

あれだけいい香りなのに、金木犀の香りをメインにフィーチャーしているフレグランスってほとんどないんですよね。『パープルファンタジー』には金木犀が入ってるらしいけど、あくまでニュアンスで、前面には出てこないし。まあ、芳香剤のイメージがやっぱりあるんだろうな。

あと、昔金木犀の香りのガムってなかったでしたっけね。金色のちょっとオシャレな箱に入ったガム。今でも売ってるのかなあ。好きだったんだよなあ、あれ。
posted by まる子 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

シャワラン(シャンプー)

私は子供の頃からシャンプーが好きである。なんだか知らないがもう、物心ついたときからシャンプーに興味津々だった。香りがよくてさっぱりするものがどうも私は好きなようで、石鹸だとか洗剤だとかも大好きである(リンスや柔軟剤も香りはいいがさっぱりしないので次点)。新しいシャンプーが出たらすぐに買ってたなあ。恋コロンだの、フルーつぶだの、フィネスだの、ティモテだの。特にティモテは結構好きだった。

そんな私は小さい頃から入浴中にシャンプーの香りをかぐ癖があったりするのだが、その中でも一番好きな香りのシャンプーがあった。だいぶ昔の物なので知らないかたも多いと思うのだけど『シャワラン』というシャンプーの香りが私は大好きだったのだ。今でも好きな香り一位の座にいるくらいである。

透き通った濃い目のグリーンの液体で、グリーンフローラルの少し強い香りがするんだけど、甘ったるさがないのでしつこくないのだ。少しケミカルなさわやかな香りで、シャンプーがなくなるたびに母に買って欲しいとリクエストしていたくらいだ。母はシャワランより安いシャンプーを買うことが多かったんだけどね。だからこそたまにシャワランを買ってもらうと嬉しくって仕方なかった。

ピンクレディーが確かCMをやってたなあ。うわ、懐かしくなってきた。
posted by まる子 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

バカ歌だよな

『おば歌謡』を聴いた。これはバカ歌ばかりを集めたアルバムなのだが、本当に面白い。起爆力十分な名作揃いである。

まず『パパはメキシコ人?』という曲の出だしで度肝を抜かれた。しょっぱなにどんでん返しがある曲なんてはじめて聴いたよ。他にも結局タイトルの意味が説明されないままの、由美かおるの『ドンズバ!』だの、尾藤イサオの『剣の舞』(ハチャトゥリアン作曲の方)だの、途中でいつの間にか主人公が入れ替わってビックリさせられる『ヘドラをやっつけろ!』だの、綺羅星のごとくである。

中でも『アローンアゲイン』をカバーした『また一人』という曲の歌詞がすごい。ずさんというかぞんざいというか。主人公の性格や行動がものすごく場当たり的で突っ込みどころだらけなのだ。ギルバート・オサリバンに訴えられそうな内容である。

あーやっぱバカ歌は面白い。やっぱり私はバカ歌好きだという認識をいっそう強くしてくれた珠玉の一枚である。
posted by まる子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

バトン天国その2(厳密にはその3)

Hさんからバトンを受け取りましたので、またしてもホクホクと回答いたします〜。


*ゲームバトン*

1.Total volume of the game files on my computer(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)

…2ギガくらいかなあ。もっとかな。3ギガまで(アバウトすぎ)。内容は言えるタイトルと言えないタイトルとが渾然一体となっています。

2. The game(s) playing right now(今進行中のテレビゲーム)

…テレビゲームではないけど『Little Aid』。ポツポツ進行中。あとテレビゲームは『絢爛舞踏祭』だだハマり中。猫先生が可愛すぎる。各キャラにAIが搭載されていて「育てたように子が育つ」ゲームです。

3. The last video game(s) I bought(最後に買ったテレビゲーム)

…『Little Aid』です。進行ゆっくりだけど、楽しい。

4. Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me(よく遊ぶ、または特別な思い入れのある 5 作)

1『ルーマニア203』&『ニュールーマニア ポロリ青春』…馬鹿げているように見えて結構緻密。ストーリーも荒唐無稽な部分とリアルな部分が上手くマッチしてると思う。タカハシは有数の親友キャラ。あんな友人ほんとにほしい。

2『シルバー事件』…台詞がカッコいい。しびれる。クールに突き放しているのにすごくロマンティックなストーリーも好き。キャラがまた揃いも揃ってどこかイカれてる。「五万貸してくれ」

3『サウンドノベル 街』…実写。色々毀誉褒貶が激しいゲームだったけど、私はすごくはまった。渋谷の街は全然知らないんですけどね。いまだに出演されていた役者さんを見るとこのゲームの役名で呼んでしまうのですよ。「サギ山頑張ったなあ。脅威の回復だな」とか。…ほんとサギ山くんは出世しましたね。

4『フロントミッションシリーズ』…戦争ものってやらないけど、これだけはなぜかいつも買う。ゲームで唯一徹夜したのがこれ。なんでか知らんが好き。

5『学園ヘヴンシリーズ』…BLってあまり接触しないんですが、面白くって好き。これがきっかけで坪井さんファンになったわけではないんだけど、不思議な縁でもあったのか買っちゃったんすよねえ…。笑いどころ満載のゲームです。
posted by まる子 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ゲームバナシ

昨日の雑記を編集〜。タイトルの意味が虚無になってしまったけど、まあそのくらいはいいかな、と。


『LittleAid』ポチポチやっとります。まだちゃんとやってないのであまり作品の方向性がつかめてないんだけど、ドタバタドタバタしとりますな(笑)。のっけからせわしないせわしない(笑)。でも甘々系よりこういうのの方が私は好きだ。
私は弟がいないので、ふみとのやり取りとか興味深いなあ。弟のいる暮らしってどんなもんなんでげしょ。弟のいない私は男の人を呼び捨てにする経験ゼロなんでねえ。

あと、沢登先輩は面白いなあ。あのとっ散らかった感じがもう。私ああいう人大好きだ。

土師先生(私は勝手に『ぱじ(PAJI)先生』と呼んでいる)は少しめんどくさそうに喋るけど、イザというときの面倒見がよさそう。坪井さんの低音ボイスは久しぶり〜。
あと、堤くんはナイス親友キャラになってくれそうだ。まだちゃんとやりこんでないのでキャラの把握を間違えている可能性があるけども。どうしても坪井さんのキャラだけいっそう注意して聞いてしまうでがす。一周目は攻略にとらわれず、思ったように行動してみることに決定。それでバッドエンドにもしなってもそれはそれでバッチコイだ。

兄が『サクラ大戦X』を予約ミスしてかぶってしまったらしく、一個もらっちゃったよ。今度やってみよっと。サクラシリーズ好きなんすよ。
posted by まる子 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ココナツの石鹸

昨夜から、ずっと気になっていること。言わずにはおれないよ。

「なぜ、『コブラ』を二枚も…」

以上です、キャップ。


私は『MASACO石鹸(マサコ石鹸)』という石鹸を使っている。さっぱりして気持ちいいのだ。
ココナツオイルを原料に手作りされたもので、すごいよく泡立つのもグッド。
それにさっぱりするのに肌がかさつきにくいのがまた素敵。

私は微妙に肌が乾燥しやすい上に肌が弱い(ごく軽いアトピーもちのため)ので、
保湿剤たっぷり〜なボディソープを使うと、その保湿剤で痒くなったりするのだ。
でもこの石鹸高いんだよなあ。
なのですごいビビリながら、そしてケチりながらせこく使っているのである。

個人的には、名前も好きだ(笑)。
posted by まる子 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。